パチスロおとめ妖怪ざくろ|天井・ゾーン・スペック・設定判別・解析まとめ

zakuro-obi

北電子の新台パチスロおとめ妖怪ざくろのスペックや天井・ゾーン・設定判別要素、設定差などの解析情報をまとめました。

本機は純増約2.2枚/1GのART「妖々ラッシュ」のみで出玉を増やしていくART特化型スペック。

北電子からリリースされたジャグラーシリーズ以外のART機は軒並みコケているので、かなり心配なところですが、10,000台とそれなりの台数が導入されるので、何とか踏ん張ってもらいたいところ!

スペックや天井・ゾーン・設定判別要素、設定差などの解析情報の詳細は以降をご覧ください。


スポンサードリンク


ART初当たり確率や機械割などのスペック詳細

基本情報

  • ホール導入日:2015年6月8日(月)
  • 導入台数:約10,000台
  • ART特化スペック
  • ART「妖々ラッシュ」純増枚数:2.2枚/1G
  • 50枚あたりのゲーム数:約32G

ART初当たり確率・機械割

設定
ART初当たり
機械割
11/23997.4%
21/24099.1%
31/228100.8%
41/220103.0%
51/210105.7%
61/192110.5%



天井・ゾーンに関する解析や狙い目・ヤメ時

天井

▼天井ゲーム数
液晶上ゲーム数1280G
※ゲーム数短縮機能があるので、ストレートでハマる可能性は低い

▼天井到達時の恩恵
調査中

▼天井狙い目
液晶上ゲーム数800G~
※データカウンタではなく、液晶をチェック(北斗転生のあべしチェックのようなイメージ)

▼設定変更・リセット後の恩恵・狙い目
25%で天国モードに移行の恩恵あり
設定変更・リセット後はそこまで積極的に狙う価値はないような…

▼ヤメ時
液晶上ゲーム数128Gヤメ
ART終了後は約40%で128G以内でのART当選が期待できるとのこと(スロマガ)

ゾーン

1~128G(天国モード)
実践値上では、ヒット率が50%over!

zakuro-zone50

引用元:パチスロ期待値見える化


設定判別要素・設定差に関する解析

調査中


通常時のゲームフローをわかりやすく紹介

パチスロおとめ妖怪ざくろの通常時は、規定ゲーム数到達や自力CZによる解除、レア小役による直撃によりART当選を目指すゲーム性です。

ART当選のメイン契機は規定ゲーム数到達で、ART当選契機の振り分けとしては、規定ゲーム数到達が約70%、自力CZによる解除が約20%、レア小役による直撃が約10%となります。

パチスロおとめ妖怪ざくろの独自システムとして、規定ゲーム数の短縮を行う「ざくろシステム」を搭載。

128G毎にで、期待度の高い周期と期待度の低い周期が交互に訪れますが、この期待度の低い周期滞在時に「ざくろシステム」によって、規定ゲーム数の短縮が行われるようです。

ゲーム数短縮「ざくろシステム」の基本性能

zakurosystem

  • 期待度の低いゾーンのみゲーム数を短縮するシステム
  • レア小役成立時などに抽選が行われ、チビざくろ出現でゲーム数を繰り上げ
  • 出現率は約1/70、平均短縮ゲーム数は約45G
  • 短縮するゲーム数は「10・20・30・40・50・100・200・400・1280」

通常時のテーブル

通常A:天井1280G
通常B:天井1280G
天国:128G以内に当選
ざくろ:396Gで当選し、次回天国濃厚

自力CZ「阿吽祈願」の基本性能

  • 7G継続
  • 1~3Gは巨大化ゾーン、後半4~7Gは告知ゾーン
  • 巨大化ゾーンでは阿吽が大きくなるほどART当選期待度アップ
  • 告知ゾーンでは阿吽が吠えればART確定

通常時のステージ

  • 妖人省ステージ
  • 市街地ステージ
  • 夜祭ステージ(高確or前兆示唆)

ART・上乗せ特化ゾーン詳細

パチスロおとめ妖怪ざくろのARTは、純増2.2枚/1G。

準備中に2択が発生し、赤7か白7のどちらかが揃います。

ARTには、「妖々ラッシュ」と上位版の「妖々ラッシュ・鬼」が存在し、準備中に赤7が揃ったほうが、「妖々ラッシュ・鬼」へ昇格する期待度が高くなります。

「妖々ラッシュ」突入後は、「阿吽挑戦」にて初期ゲーム数を決定し、ARTがスタートするといった流れです。

「妖々ラッシュ」の基本性能

  • 純増約2.2枚/1GのART
  • 初期ゲーム数を「阿吽挑戦」で決定
  • 30~300G継続
  • 毎ゲーム「妖々ラッシュ・鬼」への昇格抽選あり
  • ART準備中、白7揃いで「妖々ラッシュ・鬼」への昇格期待度は約40%
  • ART準備中、赤7揃いで「妖々ラッシュ・鬼」への昇格期待度は約70%

「妖々ラッシュ・鬼」の基本性能

  • 純増約2.2枚/1GのART
  • 1セット50G+α継続
  • 残り5Gで突入するバトルで継続告知
  • ゲーム数上乗せ、セット数ストック、上乗せ特化ゾーン抽選あり
  • 巨大妖人バトル勝利で「妖艶乱舞」突入

「妖艶乱舞」の基本性能

  • 10G継続
  • カットイン発生時に押し順正解でBAR揃い
  • BARが揃えば「覚醒」突入

「覚醒」の基本性能

  • 「妖艶乱舞」中のBAR揃いから突入
  • 5G継続
  • 消化中は毎ゲーム上乗せ
  • 終了後は再度「妖艶乱舞」へ、その際の残りゲーム数は再び10Gからスタート

フリーズの確率・恩恵

▼確率
調査中

▼恩恵
「妖々ラッシュ・鬼」(5or10セット)+「覚醒」


打ち方・小役確率・各小役の停止形

打ち方

左リール上段or中段にBARを狙う

※通常時はナビ発生時以外の変則押しNG

以下の停止形に合わせて、中・右リールを打ち分ける。


▼停止形A
zakuro-teishi-a

【成立役】ハズレorチャンスベルor弱チャンス目
→中・右リール適当打ち。
上段ベル揃い+中下段消灯:チャンスベル
ベル小V・上上下:弱チャンス目


▼停止形B
zakuro-teishi-b

【成立役】ハズレorスイカorリプレイor強チャンス目orBAR揃い
→中リールにスイカを狙う。
スイカテンパイハズレ:強チャンス目
上段リプレイハズレ:チャンスリプレイ


▼停止形C
zakuro-teishi-c

【成立役】弱チェリーor強チェリーor3連チェリーor強チャンス目
→中・右リールにチェリーを狙う。
角チェリー+中段ベル揃い:強チェリー
角チェリー+中段ベルテンパイハズレ:強チャンス目

小役確率

調査中

各小役の停止形

※おおよその「フラグの強さ」をで表記

▼チェリー

zakuro-cherry

  • 弱チェリー(
  • 強チェリー(★★
  • 3連チェリー(★★★★
  • 中段チェリー(★★★★


▼スイカ

zakuro-suika

  • スイカ(★★★


▼チャンス目

zakuro-chance

  • 弱チャンス目(
  • 強チャンス目(★★★★


チャンスリプレイ

zakuro-chance-rep

  • チャンスリプレイ(★★


チャンスベル

zakuro-chance-bell

  • チャンスベル(★★


管理人の所感・感想

ジャグラーシリーズの大ヒットで、メーカーとして磐石の体制を誇る北電子ですが、これまでリリースしてきたART機は、一度もスマッシュヒットがありません…

「機動新撰組~萌えよ剣」や「ヘルシング」も勿論打ってみましたが、少し打ってみるとなぜヒットしなかったのかがよくわかります(笑)

導入台数は10,000台ということで、複数台以上導入するホールも多いでしょうし、ゲーム性的には非常に面白そうなので、しっかりと作りこまれた機種であればいいのですが…

天井狙いやゾーン狙いには正直適している機種ではありません。

初当たりも軽く、ART初当たりの期待獲得枚数も少なめ、ARTの純増も少ないので、天井狙いやゾーン狙いでお世話になる機会はほとんどないのかなと思います。

個人的に北電子は非常に応援しているメーカーなので、ジャグラーシリーズ以外のヒットコンテンツを生み出して欲しいですね。


PV・動画

-----スポンサードリンク-----

あわせて読みたい記事はこちら

「プレミアム画像」「大勝ち・大負け報告」「感想」など
コメント欄にお気軽にご投稿ください!
▼▼▼ブログランキングに参加中!▼▼▼
にほんブログ村 スロットブログへ

コメントを残す

サブコンテンツ

パチスロ新台情報

■2016年10月17日の導入機種

■2016年10月24日の導入機種

■2016年11月7日の導入機種

■2016年11月14日の導入機種

■2016年11月21日の導入機種

■2016年12月19日の導入機種

■2017年1月10日の導入機種

パチンコ新台情報

■2016年10月17日の導入機種

■2016年10月24日の導入機種

■2016年11月7日の導入機種

■2016年11月14日の導入機種

■2016年11月21日の導入機種

■2016年12月19日の導入機種

■2016年12月の導入機種

逆アクセスランキング

アクセスランキング

このページの先頭へ