スーパービンゴネオ 液晶出目法則や演出を理解して周期・前兆・最適なヤメ時を見極めよう!

superbingoneo530

スーパービンゴネオ液晶出目法則や演出についてまとめました。
液晶出目の法則や演出を理解して、周期前兆最適なヤメ時の見極めに活用しましょう。

以前にも記事にしましたが、本機は前兆の終わりが非常にわかりづらく、打ち込んでいない方だとズルズルとヤメ時が引き伸ばされることが多いです。

そんなことにならないためにも、液晶出目の法則や前兆演出についてしっかり理解しましょう。

スポンサードリンク

ヤメ時を難しくしているのは「集中モード」の存在

前兆に到達する契機は「約100G(短縮抽選を加味すると約74G)の規定ゲーム数消化による周期」と「3桁ゾロ目ゲーム数」がメインとなります。

前兆パターンは「周期の規定ゲーム数消化前」もしくは「3桁ゾロ目ゲーム数到達前」から液晶がざわざわし始め、到達後に数ゲームの前兆と当否演出を経て終了するという流れです。

スーパービンゴネオ 前兆の特徴

  • 前兆は約15~20G
  • 図柄テンパイや同色揃いが頻発
  • F絵柄出現
  • 天空ステージに移行

ゾロ目ゲーム数付近以外でこれらの演出が出た場合は周期が近い、もしくは周期到達後の前兆である可能性が高いです。

最終的には、「ロングリーチ3連発」「トゥインクルゲートちゃれんじ」「押しつぶせ演出」「セグってビンゴ」「スピンでビンゴ」といった演出で前兆は終了します。

そして、ただでさえわかりづらい前兆を更にわかりにくくさせているものが「集中モード」の存在です。

「集中モード」とは周期抽選(3桁ゾロ目ゲーム抽選)非当選後に必ず突入するチャンスゾーンです。
5つのモードが存在し、小役成立によって周期の短縮抽選を行っています。

「集中モード」中は液晶がざわざわしているので、ヤメ時が非常にわかりづらいです。

ベストなヤメ時は?

「集中モード」までカバーしようとすると、ヤメ時がかなり引っ張られます。

効率を求めるならば、444Gなどの3桁ゾロ目ゲーム数狙いの際は、ゾロ目での前兆終了後即ヤメでいいと思います。
僕の実戦上、前兆はゾロ目ゲーム数到達後10G前後で終了することが多いはずです。

つまり、444G狙いであれば、455Gヤメで問題ないということです。
あくまで効率重視の場合です。

周期到達時のヤメ時に関しては、「集中モード」の全容がまだ解明されていないので、明確にしにくいですが、現状、液晶出目や演出を参考にしながら自分自身の判断で調整しくしかないかなと思います。

液晶出目の法則について下記にまとめます。

液晶出目の法則

▼液晶出目期待度
異色ばらばら目<異色テンパイ目<異色ケツテンパイ目<逆目<同色ばらばら目<同色ケツテンパイ目< 同色テンパイ目<F1個混じり<F2個混じり

※逆目は「7・6・5」などです。

  • 3つの数字の合計が9or19は(恐らく)BC確定
  • Fの3つ揃いは「Hooah!」確定

スーパービンゴネオですが、公開されている解析情報がまだまだ少ない状態で、ヤメ時などに関しては自分自身の実戦結果での結果を踏まえて書いている部分もあります。

最新の解析情報が公開され次第、記事は更新していきますが、本記事の内容は参考程度に留めておいていただけると幸いです。

まだ解析情報が公開されていない部分を予測しながら打つことで、周りよりもアドバンテージがある状況で立ち回れることもあると思います。

▼スーパービンゴネオの解析・攻略&過去記事まとめページはこちらからご覧ください。

-----スポンサードリンク-----

あわせて読みたい記事はこちら

「プレミアム画像」「大勝ち・大負け報告」「感想」など
コメント欄にお気軽にご投稿ください!
▼▼▼ブログランキングに参加中!▼▼▼
にほんブログ村 スロットブログへ

コメントを残す

サブコンテンツ

パチスロ新台情報

■2016年10月17日の導入機種

■2016年10月24日の導入機種

■2016年11月7日の導入機種

■2016年11月14日の導入機種

■2016年11月21日の導入機種

■2016年12月19日の導入機種

■2017年1月10日の導入機種

パチンコ新台情報

■2016年10月17日の導入機種

■2016年10月24日の導入機種

■2016年11月7日の導入機種

■2016年11月14日の導入機種

■2016年11月21日の導入機種

■2016年12月19日の導入機種

■2016年12月の導入機種

逆アクセスランキング

アクセスランキング

このページの先頭へ