モンキーターン2 SGラッシュ1回あたりの期待獲得枚数

先日、読者様からお問い合わせがありましたので、回答致します。

質問の要点はこんな感じです。

・ブログ記事(6/5アップ分)にSGラッシュ1回あたりの継続G数が平均値くらいと記載しました。

そのときの数値が188Gだったので、期待獲得枚数は432.4枚です。
準備中(7Gと換算)を含めると448.5枚がこれまでの実戦でのSGラッシュ1回あたりの獲得枚数です。

・これまでの実戦でのSGラッシュ初当たり確率は1/209.1と設定6の初当たり確率(1/223.5)をぶっちぎっています

SGラッシュの初当たり確率が設定6をぶっちぎっていて、SGラッシュ1回当たりの獲得枚数が平均値くらいなのに、差枚が大したプラスになっていないような気がするんですが気のせいですか?

上記が読者様の質問内容を簡潔にまとめた内容です。

これまでのモンキー2 384G~実戦の機械割を出してみたら、約110.8%という数値でした。
たしかに設定6の機械割(112.5%)を下回ってますね。

この内容に回答するためには、設定ごとのSGラッシュ1回当たりの期待獲得枚数を算出しないといけないです。

高設定ほど弱小役が出にくく、強小役が出やすいこともあり、SGラッシュ1回当たりの期待獲得枚数は高設定になればなるほど多くなります。
テーブルの選択率も影響ありです。

まとめるとこんな感じです。

▼モンキーターン2 SGラッシュ1回当たりの期待獲得枚数
※AT純増2.3枚/1G、1,000あたりのG数を31Gとして計算

設定1 435.4枚(平均継続189.3G)
設定2 436.8枚(平均継続189.9G)
設定3 436.5枚(平均継続189.8G)
設定4 465.5枚(平均継続202.4G)
設定5 487.6枚(平均継続212.0G)
設定6 530.8枚(平均継続230.8G)

計算方法に関しては、下記リンクよりご確認下さい。
ニューギンに対する憎悪を中心に綴ったwww僕の愛読しているブログです。
とても面白い内容です。

続AT1回あたりの期待獲得枚数を出す(メタボ教授のパチスロ研究室)

設定1と設定6の期待獲得枚数が全然違いますよね。

なので、設定6の初当たりと同じ確率でSGラッシュをひいても、SGラッシュ1回あたりの獲得枚数が設定1の平均値くらいだった場合、設定6の機械割を下回ることになります。

なので、モンキー2のハイエナで大きく期待値を積むためには、設定6の初当たり確率を凌駕する確率で初当たりをひかないといけません。

最初に目標の初当たり確率とした1/240という数値は、期待値ややプラスになるくらいの初当たり確率ということになります



シミュレート結果を見ないと何とも言えませんが、「384Gから打ち始めて、AGラッシュ後は例外なく128Gまで回す」といった場合、期待収支は恐らく「プラスマイナス0から数百円」の間に収まると思います。

それをヤメ時をうまく調整していくことによって、期待収支+1,000円くらいまでもっていけないかというのが今回の実戦の趣旨です。

かなり安い台なので、収支重視の人は狙う機会はほとんどないと思いますが、楽しみ重視の人には狙っていける範囲なのかなと思います。

-----スポンサードリンク-----

あわせて読みたい記事はこちら

「プレミアム画像」「大勝ち・大負け報告」「感想」など
コメント欄にお気軽にご投稿ください!
▼▼▼ブログランキングに参加中!▼▼▼
にほんブログ村 スロットブログへ

コメントを残す

サブコンテンツ

パチスロ新台情報

■2016年10月17日の導入機種

■2016年10月24日の導入機種

■2016年11月7日の導入機種

■2016年11月14日の導入機種

■2016年11月21日の導入機種

■2016年12月19日の導入機種

■2017年1月10日の導入機種

パチンコ新台情報

■2016年10月17日の導入機種

■2016年10月24日の導入機種

■2016年11月7日の導入機種

■2016年11月14日の導入機種

■2016年11月21日の導入機種

■2016年12月19日の導入機種

■2016年12月の導入機種

逆アクセスランキング

アクセスランキング

このページの先頭へ