マクロスフロンティア2 Bonus Live ver.|天井・ゾーン・スペック・設定判別・解析まとめ

macross2-bl-obi

2015年10月5日から導入が開始されるSANKYOの「マクロスフロンティア2 Bonus Live ver.」の立ち回り情報や解析をまとめました。

本機は、大ヒットした「マクロスフロンティア2」をベースにしながらスペックを「純ボーナス+ART」に変更。

それ以外にも「ボーナスはBIGのみ」「BGMは最初から全曲開放」「スピーカー変更」「通常時の変則押し可」といった打ち手に嬉しい変化を取り入れ、大きく進化している模様。

さらに、「トライアングルチャンス」には「ミシェル・オズマ・クラン」が新登場と楽しみな要素が目白押し!

以下で目次の順にパチスロ「マクロスフロンティア2 Bonus Live ver.」の解析情報をまとめています。


マクロスフロンティア2 Bonus Live ver. 記事一覧

スポンサードリンク

ART確率・機械割などのスペック詳細

基本情報

  • ホール導入日:2015年9月28日
  • 導入台数:約15,000台
  • 純ボーナス+ARTタイプ
  • ART純増枚数:1.5枚/1G(ボーナス込み:2.0枚/1G)
  • 50枚あたりのゲーム数:約33G

AT確率・機械割

設定 ボーナス ART 機械割
1 1/278 1/380 97.2%
2 1/273 1/359 98.5%
3 1/266 1/339 100.5%
4 1/261 1/321 103.7%
5 1/255 1/280 107.8%
6 1/250 1/252 112.1%

目次に戻る

天井・ゾーンなどの解析や立ち回り情報

天井

▼天井ゲーム数
ボーナス間999G

▼天井到達時の恩恵
ART確定

▼天井狙い目
調査中

ヤメ時

調査中

ゾーン

調査中

朝イチ設定変更・リセット

調査中

目次に戻る

設定判別要素・設定差の詳細

詳細は不明ですが、「強スイカ出現率&強スイカ+アルトボーナス」や演出カスタムでパスワードを入力した際に設定できる「ART終了画面」に設定差がある模様。

詳細がわかり次第、随時更新します。

目次に戻る

通常時のゲームフロー・CZ

ステージ

通常時のステージは4種類、前兆ステージは2種類存在。

通常ステージは内部状態を、前兆ステージはART当選の期待度を示唆しています。

▼通常時ステージ
ステージ 期待度
サンフランシスコ
アイランド3
マヤン島
グリフィスパークの丘

▼前兆ステージ
ステージ 期待度
トライアングルモード
トロピカルチャンス

CZ「バジュラアタック」

vajra-attack

項目 内容
当選契機 -
AT当選期待度 約25%
継続ゲーム数 -

バジュラアタックの種類 特徴
殲滅 ハズレ4連続まで継続し、ハズレ以外ならチャンス。
迎撃 ベルの押し順に正解するほどチャンス。
一撃 レバーONで一発抽選。スカル小隊集合でART。
超一撃 レバーONで一発抽選。成功時は超時空LIVE。

CZ「デカルチャンス」

decal-chance

項目 内容
当選契機 -
AT当選期待度 約50%
継続ゲーム数 -

目次に戻る

マクロスフロンティア2 Bonus Live ver.のボーナス

赤7「シェリルボーナス」

sheryl-bonus

項目 内容
獲得枚数 120枚
ART当選期待度 -

もってけZONE突入でARTのチャンス。
押し順成功でARTのチャンス。

緑7「ランカボーナス」

ranka-bonus

項目 内容
獲得枚数 120枚
ART当選期待度 -

「ぱんぱかぱ-ん」の一発告知でART当選。
リールの第1停止や第3停止時に期待。

青7「アルトボーナス」

alt-bonus

項目 内容
獲得枚数 204枚
ART当選期待度 -

ミッション発生でARTのチャンス。
画面が割れて究極グランボーナスに昇格することもあり。

究極クランボーナス

klan-bonus

項目 内容
獲得枚数 204枚
ART当選期待度 100%
平均上乗せ 約240G

「赤7・青7・緑7揃い」から突入するプレミアフラグ。
成立した時点でARTが確定し、消化中はベルでARTゲーム数を上乗せ。

目次に戻る

マクロスフロンティア2 Bonus Live ver.のART・上乗せ特化ゾーン

ART「バルキリータイム」

項目 内容
当選契機 小役経由
CZ経由
ボーナス経由
純増 1.5枚/1G
初期ゲーム数 40G以上

初期ゲーム数決定「トライアングルチャンス」

triangle-chance

トライアングル突入時に、まず画面に3人のキャラクターが登場。
このゲームでベルが成立しなければ次の組み合わせへと変更。

毎ゲーム組み合わせが変化し、ベルを引いたゲームでグループが決定します。
ここで15G以上滞在すれば期待度の高いキャラクターの選択が確定します。

キャラ 特徴
アルト 1G完結。
基本50Gの一発告知。
シェリル 8G継続。
毎ゲーム5G以上の上乗せチェリーでチャンス。
ランカ 8G継続。
ランクを上げていき、最終ゲームで告知スイカでチャンス。
ミシェル 1G完結。
アルトの上位版。
オズマ 最大4G継続。
選択された時点で100Gが確定。
クラン 継続ゲーム数は変動型。
ベル当選まで毎ゲーム30G以上の上乗せ。
超時空ライブ 8G継続。
大量上乗せに期待。
オオサンショウウオ -

CHARGEポイント

charge-system

レア小役やベルの一部でCHAGEポイントが蓄積。
これが8ポイントに到達すると10G間の「フォールドチャンス」へ突入し、上乗せ特化ゾーン突入のチャンスとなります。

上乗せ特化ゾーン「マクロスクォーターアタック」

突入時点で「10~100Gのゲーム数上乗せ」もしくは、特化ゾーン「トライアングルチャンスorバジュラッシュ」確定となります。

上乗せ特化ゾーン「バジュラッシュ」

vajrush

項目 内容
突入契機 マクロスクォーターアタック経由
トライアングルチャンス「アルト」経由
突入確率 約1/2000
継続ゲーム数 10G・20G・30G
平均上乗せ 約240G

目次に戻る

管理人の所感・感想

SANKYOのパチスロ看板シリーズと言えば、この「マクロスフロンティア」シリーズで間違いないでしょう。

ARTタイプの前作も、ボーナス+ARTタイプの前々作も非常にファンが多い機種でした。

個人的には前々作が好きでしたね。

以前の稼動記事にも書きましたが、前作マクロスフロンティア2は、なぜかART中のBGMが聞こえにくいという摩訶不思議な現象があったんです(笑)

それなのに、隣の台のBGMはバッチリ聞こえるという謎っぷり(笑)

PVで「スピーカー一新!」とアピールしていますが、やはりBGMに関してはクレームがあったんでしょうね…

特にマクロスフロンティア2はかなり良い曲が多かったので、それが聞こえにくいだけでもかなりゲンナリしてしまう人も多かったと思います。

肝心のスペックも今後主流になるであろうA+ARTタイプで登場です。

個人的にはトライアングルチャンスの抽選やキャラクターの追加がかなり良いポイントかなと思います。

固定ファンが多い機種だけに、それなりのヒットするのは間違いないでしょう。

しっかり作りこまれている機種であれば、かなり長期に渡る稼働が見込める機種になるかもしれないですね。

目次に戻る

マクロスフロンティア2 Bonus Live ver.のPV・動画



目次に戻る

-----スポンサードリンク-----

あわせて読みたい記事はこちら

「プレミアム画像」「大勝ち・大負け報告」「感想」など
コメント欄にお気軽にご投稿ください!
▼▼▼ブログランキングに参加中!▼▼▼
にほんブログ村 スロットブログへ

コメントを残す

サブコンテンツ

パチスロ新台情報

■2016年10月17日の導入機種

■2016年10月24日の導入機種

■2016年11月7日の導入機種

■2016年11月14日の導入機種

■2016年11月21日の導入機種

■2016年12月19日の導入機種

■2017年1月10日の導入機種

パチンコ新台情報

■2016年10月17日の導入機種

■2016年10月24日の導入機種

■2016年11月7日の導入機種

■2016年11月14日の導入機種

■2016年11月21日の導入機種

■2016年12月19日の導入機種

■2016年12月の導入機種

逆アクセスランキング

アクセスランキング

このページの先頭へ