黄門ちゃま喝 天井期待値解析【狙い目は600G~!】

koumon-obi

パチスロ黄門ちゃま喝の天井期待値解析をまとめました。

今回は、2-9伝説様にて公開されている解析を引用させていただいています。

本日時点で導入から1週間も経過していませんが、既に重要な解析もいくつか公開されていますね。

ホールでの稼働はまずまずで、恐らく最近のオリンピア・平和系の機種の中では断トツではないでしょうか。

導入台数が5万台と多いので、重要ポイントは必ず押さえておきたい機種です。

スポンサードリンク

パチスロ黄門ちゃま喝 天井狙いは600G~!310カウンターの印籠箱抽選がポイント

天井期待値 解析

200G~…+70円
300G~…+290円
400G~…+480円
500G~…+1000円
600G~…+1800円
700G~…+3040円
800G~…+5150円
900G~…+8170円

▼シミュレート条件
※設定1
※AT当選後即ヤメ
※水戸カウンター不問

引用元:2-9伝説様


黄門ちゃま喝の天井ゲーム数は、AT後999Gです。
リセット・設定変更後は天井ゲーム数は777Gに短縮されます。

本機の初当たりATのメイン契機は、310カウンターの310pt到達時の抽選によるものです。
310カウンターは、御一行箱(液晶左)・印籠箱(液晶右)の2つがありますが、特に印籠箱(液晶右)310pt到達時の抽選が、初当たり契機の多くを占めています。


2-9伝説様が計算した天井期待値のシミュレートは、この310カウンターのポイントを考慮していないので、その点注意が必要です。

天井の狙い目は、600G~でOK。
これくらいのゲーム数から打ち始めることができれば、それなりの期待値があります。

繰り返しになりますが、310カウンター印籠箱(液晶)の310pt到達時の抽選が重要です。
印籠箱(液晶右)のポイントがかなり貯まっている場合は、もう少し早めから打ち出してもOKです。

ハマリ台でなくても、印籠箱(液晶右)のポイントが260pt以上貯まっていれば、狙えるはずなので、空き台は積極的にチェックしてみましょう。

やめどきも少し注意が必要です。
本機の前兆は最大で32Gあるのですが、この前兆中にひいた小役でも310カウンターのポイント抽選を行っている可能性大です。(液晶上ではポイントの加算はストップ・実戦で確認済み)

AT終了後は、即ヤメでもいいのですが、前兆中にレア役を何度かひいていたり、リプレイ連・ベルリプレイ連なんかを引いている場合は、310カウンターの貯まり具合を確認してからやめるようにしましょう。

AT後310カウンターのポイントが繰り越される場合は、AT終了後1Gごとにポイントが加算され、ポイント加算が終了したら繰越分のポイント加算は終了になるはずです。

狙い目は自己判断が重要になってくる機種なので、しっかりとポイントを押さえて立ち回りましょう。


▼黄門ちゃま喝の解析・攻略&過去記事まとめページはこちらからご覧ください。

-----スポンサードリンク-----

あわせて読みたい記事はこちら

「プレミアム画像」「大勝ち・大負け報告」「感想」など
コメント欄にお気軽にご投稿ください!
▼▼▼ブログランキングに参加中!▼▼▼
にほんブログ村 スロットブログへ

コメントを残す

サブコンテンツ

パチスロ新台情報

■2016年10月17日の導入機種

■2016年10月24日の導入機種

■2016年11月7日の導入機種

■2016年11月14日の導入機種

■2016年11月21日の導入機種

■2016年12月19日の導入機種

■2017年1月10日の導入機種

パチンコ新台情報

■2016年10月17日の導入機種

■2016年10月24日の導入機種

■2016年11月7日の導入機種

■2016年11月14日の導入機種

■2016年11月21日の導入機種

■2016年12月19日の導入機種

■2016年12月の導入機種

逆アクセスランキング

アクセスランキング

このページの先頭へ