スーパージャックポット スペック・打ち方・設定判別要素

jackpot-obi

導入日は1月26日!
アクロスと岡崎産業のコラボでリリースされる新台スーパージャックポットのスペック・打ち方・設定判別要素についてまとめました。

スーパージャックポットシリーズは、ジャグラーやハナハナシリーズほど認知度は高くないもののノーマル機として根強いファンを持つ名シリーズです。

アクロス風のスパイスが加わったことで、往年の名機がどのように生まれ変わったのか…

スポンサードリンク

基本スペック

ゲーム性は純増312枚のBIGと純増130枚のREGを搭載したノーマルタイプ。
天井などの付加要素もないので、いつ打ち始めてもやめても問題ありません。

1000円(50枚)あたりのゲーム数は35.0G(設定1)~36.9G(設定6)、ボーナス合成確率は設定1で1/184.1ということで、それなりに遊べるスペックに仕上がっています。

ボーナス確率・機械割

設定
ボーナス合成
機械割
11/184.197.9%
21/177.699.4%
31/172.9100.6%
41/164.7102.4%
51/155.7105.4%
61/145.0109.1%



リール配列・打ち方

リール配列

jackpot-reel

通常時の打ち方

左リール中段or下段に(リール配列)11番のチェリーを狙う(青BARを枠上付近に狙う感じで)
※他の場所のチェリーを狙うと、3枚オレンジが2枚チェリーになる場合があり

以下の停止形に合わせ、中・右リールを打ち分け


▼停止形A
teishikei-a
⇒中・右リール適当打ち

[成立役]チェリーorチェリー+3枚役


▼停止形B
teishikei-b
⇒中・右リール適当打ち
リプレイ・リプレイ・スイカor赤7…3枚役

[成立役]ハズレorリプレイorスイカor3枚役orリーチ目役


▼停止形C
teishikei-c
⇒中・右リール適当打ち

[成立役]スイカorオレンジorリーチ目役


▼停止形D
teishikei-d
⇒中・右リール適当打ち

[成立役]中段オレンジ(ボーナス確定)
※オレンジを取りこぼすと3枚役が揃う


ボーナス中の打ち方

▼BIG中
全リール適当打ちでOK

▼REG中
全リール適当打ちでOK
ただし、左リール第一停止を遵守



設定判別要素

導入前の現時点で判明している設定判別要素は、通常時・中段スイカ確率と通常時スイカ確率の2つ。

スロマガ(スマホ版)の実戦値によると下記のとおり。


▼BIG中中段スイカ確率(実戦値)
設定1…1/25.04
設定6…1/13.20

▼通常時スイカ確率(実戦値)
設定1…1/6.42
設定6…1/6.13


実戦値なので、どこまで解析値に近いのかわからないのですが、BIG中中段スイカに大きな設定差があります。

現時点での設定推測はBIG中中段スイカを軸に、通常時のスイカをカウントして精度を上げていきましょう。

解析値が公開され次第、情報は更新します。

-----スポンサードリンク-----

あわせて読みたい記事はこちら

「プレミアム画像」「大勝ち・大負け報告」「感想」など
コメント欄にお気軽にご投稿ください!
▼▼▼ブログランキングに参加中!▼▼▼
にほんブログ村 スロットブログへ

コメントを残す

サブコンテンツ

パチスロ新台情報

■2016年10月17日の導入機種

■2016年10月24日の導入機種

■2016年11月7日の導入機種

■2016年11月14日の導入機種

■2016年11月21日の導入機種

■2016年12月19日の導入機種

■2017年1月10日の導入機種

パチンコ新台情報

■2016年10月17日の導入機種

■2016年10月24日の導入機種

■2016年11月7日の導入機種

■2016年11月14日の導入機種

■2016年11月21日の導入機種

■2016年12月19日の導入機種

■2016年12月の導入機種

逆アクセスランキング

アクセスランキング

このページの先頭へ