ゲッターマウス 2016年スロット新台|解析完全攻略

ゲッターマウス スロット新台

アクロスのパチスロ新台「ゲッターマウス」のスペック・解析や実戦に役立つ攻略情報をまとめました。

今から20年前(1996年)に登場したゲッターマウスの後継機が満を持していよいよ登場します。

2007年に5号機ゲッターマウス7Rが登場しましたが、人気はイマイチ…

今回は乗りに乗っているアクロスからのリリースなので、期待している人もかなり多いでしょう。

目次の順にパチスロ新台「ゲッターマウス」のスペック・打ち方・技術介入要素・設定判別要素などの解析・攻略情報をまとめています。

スポンサードリンク


ゲッターマウス スペック詳細

基本情報

機種情報
ホール導入日 2016年3月22日
導入台数 20,000台
仕様 ノーマルタイプ
50枚あたりのゲーム数 約34.1~35.9G

基本スペック

設定 BIG REG
1 1/284.9 1/297.9
2 1/280.1 1/290.0
3 1/274.2 1/278.9
4 1/266.4 1/270.8
5 1/252.1 1/254.0
6 1/234.9 1/234.9
設定 ボーナス合成 出玉率
1 1/145.6 98.7%
2 1/142.5 99.7%
3 1/138.3 101.3%
4 1/134.3 103.4%
5 1/126.5 106.7%
6 1/117.5 110.8%

目次に戻る


ゲッターマウス 設定判別要素・設定差の詳細

設定判別要素は最新の情報をお届けできるよう、随時更新させていただきます。

設定推測ツールはスロマガを推奨
セグ判別&設定推測 パチマガスロマガ攻略!

ボーナス出現率

BIG・REG共に設定が上がるにつれ、段階的に出現率が高くなっています。

基本的なノーマルスペックなので、まずはボーナス出現率を注目しましょう。

高設定の目安はボーナス合成1/130以上です。

通常時の小役出現率

オレンジ・チェリー・スイカのいずれにも設定差が存在します。

オレンジは厳密に言うとオレンジA/Bの2種類存在しますが、合わせてカウントしてOK。

スイカはボーナス同時成立なしの1枚役も合わせてカウントしましょう。

チェリーの設定差はわずかで、設定推測にはそこまで参考になりませんが、オレンジ・スイカの設定差はそれなりに大きく、設定推測の重要なポイントとなります。

設定 オレンジ チェリー スイカ
(1枚役)
1 1/8.81 1/19.98 1/121.36
2 1/8.81 1/19.80 1/117.03
3 1/8.69 1/19.62 1/112.99
4 1/8.47 1/19.45 1/109.23
5 1/8.34 1/19.28 1/104.03
6 1/8.26 1/19.00 1/99.30

BIG中の中段オレンジ(左第1停止)出現率

BIG中における「左第1停止で中段に揃うオレンジ」の確率に設定の奇数偶数で差があります。

13枚獲得時(逆押し時)以外は順押しorハサミ打ちで消化して、成立回数をカウントしましょう。

※予告音発生時に中段オレンジ(左第1停止)の可能性はありません。

【算出方法】
BIG中のゲーム数÷中段オレンジ回数
※BIG1回あたりの消化ゲーム数は24G(技術介入1回成功時)

設定 BIG中の中段オレンジ
135 1/10.57
246 1/8.50

オレンジA+ネズミBIG出現率

オレンジA+ネズミBIG出現率は、設定1~3と設定4~6とでは倍以上の設定差があります。

オレンジA+ネズミBIGの同時成立時は、必ずオレンジの払い出しが一瞬遅れます。

●オレンジA:ボーナス同時成立時は一瞬払い出しが遅れる
●オレンジB:ボーナス同時成立時はオレンジ揃いのリーチ目(チェリー+オレンジなど)出現

設定 オレンジA+ネズミBIG
1~3 1/8192.00
4~6 1/3640.89

BIG終了時のセグ表示

BIG終了時、獲得枚数表示のセグ部分にネズミの鳴き声と共に一瞬だけ「CHU(大文字)」の文字が出現します。

これが葉月ちゃんボイス「チュ♪」+小文字の「chu」なら設定5or6確定!

ゲッチュー演出「ゲーット!」

ゲッチュー演出時に「ゲーット!」の派手なボイスと共にランプが「GET」の文字に点灯すれば、設定2以上確定!

目次に戻る


ゲッターマウス 打ち方・技術介入手順

リール配列

ゲッターマウス リール配列

ネズミさん兄弟の役割

●14番がイチロー
●8番がジロー
●2番がサブロー


リーチ目のカギを握るのが、右リールに配置された3匹のネズミ絵柄。

順押し・ハサミ打ちの場合、上にオレンジを背負うイチローとサブローはリーチ目に絡みやすい強い存在

一方、上にリプレイを背負うジローはリーチ目になりにくく弱い存在となっています。

順押し・ハサミ打ちの場合は下記のパターンに注目。

ゲッターマウス リーチ目

リーチ目


ゲッターマウス 残念パターン

残念パターン


逆に、中押しの場合は上記の法則が通用せず、ジローの立場が一変します。

中リール中段ネズミ停止時は、右リール中段ボーナス絵柄停止で基本的にハズレですが、ジローが停止すれば超激アツになります。

【ハサミ打ち手順】通常時の打ち方

ハサミ打ち手順の特徴
●多彩なリーチ目を楽しめる
●イチロー&サブローが強い(右リール上or下段に止まればチャンス)
●左リールは19番の赤7を狙ってもOKですが、4番の赤7狙いなら、1枚役を「スイカ・リプ・リプ」の形にほぼ限定できる

左リール枠上~上段に「4番の赤7」を狙い、右リールを適当打ち

以下の停止形に合わせ、中リールを打ち分けます。

左リール「オレンジ・スイカ・リプレイ」停止
ゲッターマウス-左リール「オレンジ・スイカ・リプレイ」

成立役
リプレイorオレンジorスイカor
1枚役orボーナス

右リール中段スイカ停止時のみ、中リールにスイカを狙う
→スイカ・リプ・リプ…1枚役
→スイカ・ネズミ・BAR…1枚役
→小役ハズレ…リーチ目


左リール「7・オレンジ・スイカ」停止
ゲッターマウス-左リール「7・オレンジ・スイカ」

成立役
オレンジorスイカor
1枚役orボーナス

右リール上段スイカ停止時のみ、中リールにスイカを狙う
→スイカ・リプ・リプ…1枚役
→スイカ・ネズミ・BAR…1枚役
→中段オレンジテンパイハズレ…リーチ目


左リール「角チェリー」停止
ゲッターマウス-左リール「角チェリー」

成立役
チェリーorリーチ目

中リール適当打ち
→右リール中段にボーナス絵柄停止…リーチ目


左リール「オレンジ・リプレイ・BAR」停止
ゲッターマウス-左リール「オレンジ・リプレイ・BAR」

成立役
ハズレorリプレイor
オレンジorボーナス

中リール適当打ち
→中段リプレイテンパイハズレなど…リーチ目

【中押し手順】通常時の打ち方

中押し手順の特徴
●ハサミ打ちに比べて目押しが簡単
●ボーナス察知が早い
●スイカは全て1枚役で獲得可能
●ジローが強い

中リール枠上~上段に「ネズミ」を狙い、右リールを適当打ち

以下の停止形に合わせ、右・左リールを打ち分けます。

中リール「BAR(orチェリー)・リプレイ・オレンジ」停止
ゲッターマウス-中リール「BAR(orチェリー)・リプレイ・オレンジ」

成立役
リプレイorボーナス

左リール適当打ち
→右リール中段にリプレイ以外…ボーナス2確
→スイカ・ネズミ・BAR…1枚役
→左リールでリプレイハズレ(右リール中段リプレイ)…ボーナス
※「チェリー・リプ・リプ」は通常リプレイ


中リール「ネズミ・チェリー・リプレイ」停止
ゲッターマウス-中リール「ネズミ・チェリー・リプレイ」

成立役
1枚役orボーナス

左リールにスイカを狙う(ネズミ目安)
→スイカ・リプ・リプ…1枚役
→スイカ・ネズミ・BAR…1枚役
→小役ハズレ…ボーナス
※本手順の場合、スイカは全て1枚役で獲得可能
※1枚役hが揃った場合も、ボーナス同時成立の可能性あり


中リール「オレンジ・ネズミ・チェリー」停止
ゲッターマウス-中リール「オレンジ・ネズミ・チェリー」

成立役
ハズレorチェリーorボーナス

▼右リール上or下段に赤7orネズミ停止
左リールにチェリーを狙う
→チェリー停止…チェリー
→チェリー否定…ボーナス

▼上記以外
左リール適当打ち
→右リールジローでネズミテンパイ…ボーナス2確
→上段オレンジ揃い…ボーナス同時成立確定
→上記以外…ハズレ


中リール「リプレイ・オレンジ・ネズミ」停止
ゲッターマウス-中リール「リプレイ・オレンジ・ネズミ」

成立役
オレンジorボーナス

左リール適当打ち
→右リール中段にオレンジ以外…ボーナス2確
→左リールでオレンジハズレ…ボーナス

ボーナス最速入賞手順

ボーナスを察知したら、1枚掛けで下記の手順を実行しましょう。

1Gで全てのボーナスをフォロー可能です。

左リール上段~中段に11番の7(ネズミの2コマ下)を狙い、右リールにBARを狙う

左リール中段に赤7停止
【成立フラグ】赤7BIGorREG
→中リールに赤7を狙い、右リールにBARを狙う
※赤7BIGの場合は右リールで赤7がすべってくる

左リール中段にネズミ停止
【成立フラグ】ネズミBIG
→中・右リールにネズミを狙う

上記以外
【成立フラグ】小役成立
→スイカをフォローしつつ消化し、次ゲームでボーナスを狙う

BIG中の打ち方

予告音発生時

以下の手順を成功させて、13枚を1回だけ獲得します。
中・右リールを適当打ちし、左リールに「ネズミ・リプ・赤7」をビタ押し。

ゲッターマウス-ビタ押し成功時

ビタ押し成功時停止形


上記以外(13枚獲得後)

順押し適当打ちで消化。
13枚を1回だけ獲得していれば、MAX310枚獲得可能です。


BIG中の中段揃いのオレンジに設定差があるようです。

REG中の打ち方

13枚獲得前

BIG中と同様の手順で、13枚を1回だけ獲得します。
※失敗しても15枚獲得で、毎ゲームチャレンジ可能。


13枚獲得後

順押し適当打ちで消化。
13枚を1回だけ獲得していれば、MAX115枚獲得可能です。

目次に戻る


ゲッターマウス 演出情報

ゲッチュー演出

ゲッターマウス ゲッチュー演出

パターン 対応役
イチロー(中央) リプレイ
ジロー(左) オレンジ
サブロー(右) スイカ(1枚役)

予告音発生時はリール上にあるゲッターランプのいずれかが点灯します。

それぞれのランプには対応役が存在し、成立役と矛盾すればボーナス確定。

このゲッチュー演出で重要なのは点灯するタイミングとネズミの種類。

点灯するタイミングは基本的に遅いほどアップで、レバーON時の点灯もアツいようです。

ネズミの種類は、イチロー・サブローはちょいアツで、ジローは期待度低め。

さらにWナビはチャンスで、全ナビは激アツ。

横にいるピンクのネズミが点灯はボーナス確定のプレミアムパターンです。

目次に戻る


ゲッターマウス ボーナスの詳細

ビッグボーナス

BIG BONUS
契機 7図柄揃い
マウス図柄揃い
獲得枚数 純増310枚
技術介入あり

レギュラーボーナス

REGULAR BONUS
契機 7・7・BAR
マウス・マウス・BAR
獲得枚数 純増115枚
技術介入あり

目次に戻る


ゲッターマウス 管理人の評価・感想

1996年に登場したゲッターマウスと言えば、4号機ユニバ系ノーマルタイプの名機として有名ですが、知名度としてはサンダーVや花火、クランキーコンドルには劣ります。

30代前半の私もサンダーVや花火はホールで打ったことはありますが、残念ながらゲッターマウスは打ったことがないんですよね。

なので、今回新たにリリースされる5号機新台ゲッターマウスを新鮮な気持ちで打つことができる点は、逆に嬉しいところでしょうか…

スペックや細かい要素を見てみると、打ち手にとって評価できるポイントが多そうですね!

ますは、出玉率。

設定1の技術介入込みの出玉率が100%を超えるというのはもちろんですが、注目したいのは設定6の出玉率。

出玉率112.6%というのは、ノーマルタイプとしては優秀で、かなり魅力的な数値です。

これまでのアクロス機の中でも最も優秀な出玉率ですよね。
設定狙いにもかなり気合が入りそうです。

さらに通常時の目押しの負担もかなり軽減される予感。

ハナビの氷狙いはまだ良かったもののサンダーのスイカ狙いは正直しんどかったですからね…
今の打ち手には、過度に目押しが必要な仕様の機種はまず間違いなくウケないでしょう。

まだ全貌は見えていませんが、かなり良さそうな機種というのはまず間違いないです。

最新の情報がお伝えできるように、このページは更新していく予定です。

ホール導入を楽しみにして待ちましょう!

目次に戻る


ゲッターマウス PV・動画

公式PV


目次に戻る

-----スポンサードリンク-----

あわせて読みたい記事はこちら

「プレミアム画像」「大勝ち・大負け報告」「感想」など
コメント欄にお気軽にご投稿ください!
▼▼▼ブログランキングに参加中!▼▼▼
にほんブログ村 スロットブログへ

コメントを残す

サブコンテンツ

パチスロ新台情報

■2016年10月17日の導入機種

■2016年10月24日の導入機種

■2016年11月7日の導入機種

■2016年11月14日の導入機種

■2016年11月21日の導入機種

■2016年12月19日の導入機種

■2017年1月10日の導入機種

パチンコ新台情報

■2016年10月17日の導入機種

■2016年10月24日の導入機種

■2016年11月7日の導入機種

■2016年11月14日の導入機種

■2016年11月21日の導入機種

■2016年12月19日の導入機種

■2016年12月の導入機種

逆アクセスランキング

アクセスランキング

このページの先頭へ