バジリスク3 新台|バジリスクタイム中の朧モードや継続率などART解析まとめ

バジリスクタイム
パチスロ新台「バジリスク3」のART「バジリスクタイム」中の伊賀側に朧が登場する朧モードや継続率に関する解析をまとめました。

ART「バジリスクタイム」中の1Gあたりの増加枚数は+1.7枚。

「追想の刻」と「争忍の刻」の2パートに分かれ、ART中は内部的に「継続モード」「争忍モード」「朧モード」の3つのモードが走っています。

この記事では、ART中の継続率やストック期待度に関係してくる3つのモード、「継続モード」「争忍モード」「朧モード」について、現在判明している限りの解析情報をご紹介します。

スポンサードリンク

ART「バジリスクタイム」解析

ARTはこれまでのシリーズ同様、追想の刻と争忍の刻で構成されています。

後半パートである争忍の刻は自力継続システムに変更され、ベルもしくはチャンス役で味方である甲賀衆の攻撃が、リプレイ揃いで伊賀衆の攻撃の可能性があります。

つまり、ベルが揃うほどARTの継続期待度は高まるわけで、そのベル出現率に大きく関わるのが争忍モードです。

リプレイは内部的に数種類存在し、押し順によって下段ベルが揃ったり、リプレイが揃ったりします。

争忍モードが高いほど、ART中はベルが揃うナビが発生しやすくなるという仕組みです。

争忍モードは液晶の背景で示唆されていて、城や夜なら大チャンス!

なお、争忍モードを司るのが基本モードとなる継続モードとなります。

以下、継続モードと争忍モード、それらとは少し性質の違う朧モード、ART中に内部的に走っている3つのモードについての詳細です。

継続モード

朧背景
ART初当たり時は、当選状況に応じてまずは継続モードの抽選を行います。

この継続モードは、争忍の刻におけるバトル人数や争忍モードに影響を与えるもので、争忍の刻で敗北するまで固定となります。

ART開始画面が継続モードを示唆していて、天膳であれば高継続モードが濃厚です。

ただし、天膳の出現率は激低の模様…

ART開始画面の継続モード示唆
開始画面キャラ 期待度
弦之助
天膳

争忍モード

夜背景
争忍モードはベルリプレイ確率に影響するモードで、上位モードほどベルリプレイ確率が上昇します。

継続モードに応じて各セットの追想の刻開始時に抽選され、争忍の刻中の背景が滞在モードを示唆する模様です。

争忍中背景の争忍モード示唆
背景 期待度
夕方
高モード+継続の期待大

朧モード

朧モード
各セットの追想の刻開始時は朧モード突入も抽選しています。

朧モードに当選すると、人数決定演出で伊賀側に朧が登場。

バトルに朧は参戦しませんが、朧出現のセット中は追想&争忍中ともにストック抽選・エピソードバトル抽選が優遇されています。

なお、朧モード中にBC当選した場合は、BC消化後のARTも朧モードが継続です。


パチスロ新台「バジリスク3」のART中の継続率やストック期待度に関係してくる3つのモード、「継続モード」「争忍モード」「朧モード」に関する解析は以上となります。

随時、最新の解析が公開され次第、この記事に追記させていただきます。

バジリスク3の全ての解析・攻略情報はこちらでチェック!
-----スポンサードリンク-----

あわせて読みたい記事はこちら

「プレミアム画像」「大勝ち・大負け報告」「感想」など
コメント欄にお気軽にご投稿ください!
▼▼▼ブログランキングに参加中!▼▼▼
にほんブログ村 スロットブログへ

コメントを残す

サブコンテンツ

パチスロ新台情報

■2016年10月17日の導入機種

■2016年10月24日の導入機種

■2016年11月7日の導入機種

■2016年11月14日の導入機種

■2016年11月21日の導入機種

■2016年12月19日の導入機種

■2017年1月10日の導入機種

パチンコ新台情報

■2016年10月17日の導入機種

■2016年10月24日の導入機種

■2016年11月7日の導入機種

■2016年11月14日の導入機種

■2016年11月21日の導入機種

■2016年12月19日の導入機種

■2016年12月の導入機種

逆アクセスランキング

アクセスランキング

このページの先頭へ