アステカ 太陽の紋章 スロット新台|解析完全攻略

アステカ 太陽の紋章

エレコのパチスロ新台「アステカ 太陽の紋章」のスペック・解析や実戦に役立つ攻略情報をまとめました。

初代アステカは1999年に登場したパチスロ機で、同じユニバ系の大花火とともに当時のホールを盛り上げました。

アステカの名の付いた機種はこれまでも何度かリリースされてきましたが、初代アステカのヒットには遠く及ばず…

業界初のプロジェクションマッピング機能を搭載し、メーカーの力の入れ具合は相当のものであろう新生「アステカ 太陽の紋章」。

果たして、初代アステカのように長くユーザーに支持されるような機種になるでしょうか…

目次の順にパチスロ新台「アステカ 太陽の紋章」のスペック・天井・設定判別要素などの解析・攻略情報をまとめています。

スポンサードリンク


アステカ 太陽の紋章 スペック詳細

基本情報

機種情報
ホール導入日 2016年4月18日
導入台数 約40,000台
仕様 ボーナス+ARTタイプ
ART純増枚数 1.5枚/G
50枚あたりのゲーム数 約34G

基本スペック

設定 ボーナス ART 機械割
1 1/344.9 1/494.6 98.5%
2 1/334.4 1/391.6 98.8%
3 1/324.4 1/472.1 101.0%
4 1/315.1 1/353.7 103.8%
5 1/306.2 1/387.4 106.0%
6 1/290.0 1/260.7 109.0%

目次に戻る


アステカ 太陽の紋章 天井や立ち回り情報

天井

天井ゲーム数
ART間1180G+前兆(最大32G)

天井恩恵
ART確定

天井狙い目
●等価交換:800G~
●5.6枚交換現金投資:850G~

最適なヤメ時
ボーナスorART終了後、高確・前兆を確認してヤメ

朝イチ設定変更・リセット

天井までのゲーム数はリセット

目次に戻る


アステカ 太陽の紋章 設定判別要素・設定差の詳細

設定判別要素は最新の情報をお届けできるよう、随時更新させていただきます。

設定推測ツールはスロマガを推奨
セグ判別&設定推測 パチマガスロマガ攻略!

設定判別要素・設定差について更に詳しく!

CZ初当たり&ART初当たり確率

CZ突入率は偶数設定かつ高設定ほど高いといった特徴があります。

そのため、ART初当たり確率も偶数設定かつ高設定ほど高くなります。

設定1or設定6といったホールにおいては、設定推測において非常に重要なポイントとなりますね。

設定 CZ突入率 ART初当たり
1 1/256.3 1/494.6
2 1/199.9 1/391.6
3 1/249.0 1/472.1
4 1/184.2 1/353.7
5 1/218.0 1/387.4
6 1/145.4 1/260.7

[算出方法]
通常時ゲーム数÷各回数

CZ引き戻し率

CZ引き戻し率は、設定5と6が優遇されています。

CZ失敗時ではなく、ART終了時に発生する点に注意!

また、CZ失敗orART終了時に行われる引き戻し抽選に当選した場合、VS鳥型巨獣が出現すれば設定5or6確定となります。
※設定5or6のみ、抽選時の0.78%でVS鳥型が出現。

ただし、CZ本前兆中のレア小役で昇格した場合は、設定4以下でもVS鳥型が出現する可能性があるので注意。

設定 CZ引き戻し率
12 12.50%
34 13.28%
56 19.92%

[算出方法]
CZ引き戻し回数÷(CZ失敗回数+ART終了回数)

ART中のハズレ確率

ART中のハズレ確率は、高設定ほど出現しやすいといった特徴があります。

高設定ほど段階的にハズレ出現率が高くなります。

CT中もカウント可能ですが、ART準備中のハズレは除外するようにしましょう。

設定 ART中のハズレ確率
1 1/50.03
2 1/47.15
3 1/44.58
4 1/42.28
5 1/40.21
6 1/38.33

[算出方法]
ART中ゲーム数÷ART中ハズレ回数

弱チリ&強チリ確率

弱チリ&強チリに設定差が存在します。

弱チリ&強チリの見抜き方
左リール枠上or上段に青7を狙い、右リールを適当打ち

左リール中段青7停止時
→中段「青7・リプ・リプ」…弱チリ
→それ以外…強チリ

特に弱チリの設定差が大きいですね。

設定 弱チリ 強チリ
1 1/74.98 1/193.89
2 1/72.18
3 1/69.57
4 1/67.15
5 1/64.89 1/178.09
6 1/62.77 1/169.78

[算出方法]
総ゲーム数÷各回数

弱チリ+ボーナス出現率

弱チリ+ボーナス出現率に大きな設定差が存在します。

設定1と設定6とでは3倍の差が存在!

分母が大きいので過信は禁物ですが、早い段階で複数回確認できたら高設定の期待大です。

設定 弱チリ+ボーナス
1 1/6553.60
2 1/4681.15
3 1/3640.89
4 1/2978.91
5 1/2520.62
6 1/2184.54

[算出方法]
総ゲーム数÷(弱チリ+ボーナス回数)

ART直撃率

設定推測するうえで、最も重要な要素!

ART直撃率は設定5・6がとにかく優遇されていて、1回でも確認できれば高設定の期待大!

複数回確認できれば、高設定の期待度特大!

設定 ART直撃率
1 1/65536.0
2 1/65536.0
3 1/32768.0
4 1/16384.0
5 1/5461.3
6 1/3276.8

[算出方法]
通常時ゲーム数÷ART直撃回数

目次に戻る


アステカ 太陽の紋章 通常時のゲームフロー

本機は150枚獲得可能なボーナスと純増1.5枚/GのARTで出玉を増やしていく仕様です。

通常ステージは5種類存在し、内部状態や前兆を示唆。

内部状態はレア小役により移行抽選が行われています。

内部状態はART突入契機であるCZの抽選に影響していている模様です。

なお、出玉増加のメインであるARTにはCZとボーナスから突入。

懐かしのCTも本機には上乗せ特化ゾーンとして搭載されていて、ART中ボーナスでの7揃いの1/2で突入する模様です。

CTに突入する際には、これまた懐かしのルーレットによって抽選結果が告知されるようです。

通常時のステージ


市街地ステージ

市街地ステージ



荒野ステージ

荒野ステージ




石獣警戒エリア

石獣警戒エリア



壁画ステージ

壁画ステージ



ステージ 示唆
市街地 -
森林 -
荒野 高確濃厚or前兆
石獣警戒エリア 前兆(弱)
壁画 前兆(強)

CZ「巨獣バトル」

CZ「巨獣バトル」は、バトル勝利でART確定!

突入時点でART確定のプレミアムCZ「VS鳥形巨獣」もあり。

CZ突入率・引き戻し率
設定 突入率 TOTAL
引き戻し率
1 1/256.3 12.50%
2 1/199.9
3 1/249.0 13.28%
4 1/184.2
5 1/218.0 19.92%
6 1/145.4

CZ振り分け
設定 VS獣型 VS魚型 VS鳥型
1 69.5% 28.4% 2.1%
2 60.0% 37.6% 2.4%
3 69.0% 28.8% 2.2%
4 59.1% 38.3% 2.5%
5 66.7% 30.1% 3.2%
6 56.7% 39.7% 3.6%

CZ「巨獣バトル」について更に詳しく!

目次に戻る


アステカ 太陽の紋章 ボーナスの詳細

アステカボーナス

アステカボーナスの概要
獲得枚数 150枚
通常時
ボーナス
消化中の小役で
ART抽選
7揃いでART確定
ART確定後の
7揃いでG数上乗せ
ART&CT中
ボーナス
7揃いで
ARTのG数上乗せ
終了後は1/2で
上乗せ特化ゾーンCT突入

プレミアムボーナス「魂の祭壇」

ボーナスの単独成立の一部(確率:1/11821.0)でロングフリーズが発生し、プレミアムボーナス「魂の祭壇」が確定します。

プレミアムボーナス「魂の祭壇」について更に詳しく!

目次に戻る


アステカ 太陽の紋章 ARTの詳細

ART「アステカラッシュ」

アステカラッシュの概要
突入契機 CZ経由
ボーナス経由
継続ゲーム数 1セット50G
ART純増 1.5枚/G
備考 G数上乗せあり

ART中ステージ

ART中のステージは全4ステージ。

滞在ステージでCT突入期待度を示唆しています。

ステージ CT突入期待度
第1階層
第2階層
第3階層
遺跡最深部 激高

ART「アステカラッシュ」について更に詳しく!

目次に戻る


アステカ 太陽の紋章 上乗せ特化ゾーン

上乗せ特化ゾーン「CT(チャレンジタイム)」

CTの概要
突入契機 ART&CT中
ボーナスの1/2
継続ゲーム数 8G+α
詳細 デカチリ・
リーチ目役で上乗せ
上位版CTも存在

目次に戻る


アステカ 打ち方・小役関連の解析

リール配列

アステカ リール配列

通常時の打ち方

●左リール枠上or上段に青7を狙い、右リールを適当打ち

サボテンテンパイ時
中リールにもサボテンを狙う(デカチリを目安に)。

それ以外
中リールは適当打ちでOK。

※ART中も通常時同様の打ち方でOK。

ボーナス中の打ち方

カットイン発生時は全リールに白or青7を狙う。
それ以外は適当打ちでOK。

目次に戻る


アステカ 太陽の紋章 管理人の評価・感想

1999年に登場した初代アステカは私にとって特別な機種です。

アステカの設定3確定台を打つために、徹夜並びまでしたことがあるくらい(笑)

私がパチスロにどっぷりハマっていた2000年、それほどまでにアステカが打ちたくて打ちたくてたまりませんでした。

アステカについて語ろうとすればいくらでも語れそうですが、やはり多くのスロッターを狂わせたのはCT(チャレンジタイム)の存在でしょう。

15年前以上の機種の話をしてもしょうがないので、詳しいシステムの話は省きますが、BIG終了後のCT突入率である50%という数値が時にドラマを生み出し、時に惨劇を生み出す、アステカとはそんな機種でした。

1/2が良いほうに偏って、ボーナスを引くタイミングが絶妙であれば、中間設定でも5000枚は射程圏内、低設定でもそれなりに勝てます。

逆に1/2が悪いほうに偏れば地獄です。
低設定だと爆負け確定、出玉率が110%を超える設定3以上でも厳しい勝負になります。

新生「アステカ 太陽の紋章」でもシステムは違えど、CTの存在やCT突入率1/2という数値は継承しているようなので、中身が非常に気になるところです。

アステカという30代・40代のスロッターにはたまらないコンテンツの後継機ということで、「アステカ 太陽の紋章」は非常に注目を浴びていますが、これまでリリースされたアステカの後継機は贔屓目に見ても○ソ台と揶揄されるような台がほとんどでした。

アステカとは名ばかりの意味不明な台もありましたね…

今、乗りに乗っているユニバブランドの機種だけに、新生アステカは流石に鉄板だろうと思いきや…

正直不安しかありません…

デカい液晶がついていることは百歩譲ったとしても、スペックを見ただけで打つ気が削がれませんか?

純増1.5枚のART機で設定6の出玉率が110%以下…

初代アステカの設定2の出玉率(フル攻略)>アステカ 太陽の紋章の設定6の出玉率

ですから(笑)

思った以上に今のスロッターって機種の出玉率に敏感な方が多いと思うんですよね。

新基準で難しいにしても、個人的にはアステカの看板を背負うなら、今の機種で言うバジ絆やまどマギを好んで打っている層にアプローチできるような機種であってほしかったですね…

目次に戻る


アステカ 太陽の紋章 PV・動画

公式PV


目次に戻る

-----スポンサードリンク-----

あわせて読みたい記事はこちら

「プレミアム画像」「大勝ち・大負け報告」「感想」など
コメント欄にお気軽にご投稿ください!
▼▼▼ブログランキングに参加中!▼▼▼
にほんブログ村 スロットブログへ

コメントを残す

サブコンテンツ

パチスロ新台情報

■2016年10月17日の導入機種

■2016年10月24日の導入機種

■2016年11月7日の導入機種

■2016年11月14日の導入機種

■2016年11月21日の導入機種

■2016年12月19日の導入機種

■2017年1月10日の導入機種

パチンコ新台情報

■2016年10月17日の導入機種

■2016年10月24日の導入機種

■2016年11月7日の導入機種

■2016年11月14日の導入機種

■2016年11月21日の導入機種

■2016年12月19日の導入機種

■2016年12月の導入機種

逆アクセスランキング

アクセスランキング

このページの先頭へ