アレジン 打ち方・レア小役停止形・確率と液晶出目法則(リーチ目・チャンス目) 解析

areddin-obi2

アレジン打ち方レア小役停止形・確率液晶出目法則(リーチ目・チャンス目)に関する解析情報をまとめました。

これらの情報をしっかり把握しておくことで、アツい場面で台を捨てることがないようにしましょう。

正しいヤメ時を判断する際に、抑えておくべき情報です。

スポンサードリンク

レア小役はモードアップ抽選や初当り抽選に影響

取りこぼしが発生する小役は存在しないため、通常時は適当打ちでOKです。

赤7揃いを正確に判別するために、演出発生時のみ、全リールに赤7を狙うのもいいでしょう。

レア小役 停止形・確率

▼弱チャンス目(確率…1/158.7)
jaku-chance

▼中チャンス目(確率…1/256.7)
chu-chance

▼強チャンス目1(確率…1/585.1)
kyou-chance1

▼強チャンス目2(確率…1/4096.0)
kyou-chance2
=AREDDIN図柄

レア小役は通常時のモードアップ抽選や初当り抽選に影響します。

特に強チャンス目はどちらも初当り当選の大チャンスとなるので、出現後はしばらく様子を見るようにしましょう。

なお、レア小役ですが、上記以外の形で停止する場合もあるそうです。

液晶出目には法則あり

パチンコの新アレジンやミリオンゴッドシリーズでお馴染みの語呂合わせは、パチスロアレジンにも多数存在しています。

現段階で判明してるのは、リーチ目・チャンス目合わせて8種類です。

液晶出目の法則

▼液晶リーチ目
「4・1・5」…よいこ
「1・8・1」…祝い
「7・5・8」…名古屋
「F・4・2」…藤商事

▼液晶チャンス目
「3・5・4」…神輿(みこし)
「4・6・1」…よろい
「8・3・1」…万歳(ばんざい)
「2・5・6」…煮込む

上記に記載した液晶リーチ目・液晶チャンス目以外にも液晶で目の法則は存在します。

奇数テンパイの連続中・右出目での奇数テンパイ、また出目のどこかに「F」や「7」停止が頻出などは、上位モード滞在の可能性が高いので、実戦時には様子を見るようにしましょう。

ミリオンゴッドシリーズを打ったことがある方は、ほぼ一緒の感覚で大丈夫だと思います。

※12/7追記
液晶リーチ目・液晶チャンス目の一覧をまとめました。
液晶出目は前兆やモードを示唆しています。
>>アレジン ヤメ時・モード推測攻略【液晶リーチ目・液晶出目によるモード、前兆示唆】

▼アレジンの解析・攻略&過去記事まとめページはこちら

-----スポンサードリンク-----

あわせて読みたい記事はこちら

「プレミアム画像」「大勝ち・大負け報告」「感想」など
コメント欄にお気軽にご投稿ください!
▼▼▼ブログランキングに参加中!▼▼▼
にほんブログ村 スロットブログへ

“アレジン 打ち方・レア小役停止形・確率と液晶出目法則(リーチ目・チャンス目) 解析” への2件のフィードバック

  1. ひきよわ より:

    この台事態まったくしらないんですが?

    ゴッドでしょうか?w

    • 宮田銀次 より:

      ひきよわさん

      1000円で23.7Gしか回らない鬼畜パチスロ機です。

      30Gくらいから打つと激死するので注意しましょうwww

コメントを残す

サブコンテンツ

パチスロ新台情報

■2016年10月17日の導入機種

■2016年10月24日の導入機種

■2016年11月7日の導入機種

■2016年11月14日の導入機種

■2016年11月21日の導入機種

■2016年12月19日の導入機種

■2017年1月10日の導入機種

パチンコ新台情報

■2016年10月17日の導入機種

■2016年10月24日の導入機種

■2016年11月7日の導入機種

■2016年11月14日の導入機種

■2016年11月21日の導入機種

■2016年12月19日の導入機種

■2016年12月の導入機種

逆アクセスランキング

アクセスランキング

このページの先頭へ