【サラリーマンスロッターに捧ぐ人柱企画】スーパークリース加工を試してみた!

このブログの読者で、スーツを着てパチスロを打つ方は一体どれくらいいるのでしょうか?



僕も平日はスーツを着てパチスロを打つことがほとんどなんですが、色々と気を使うことが多いんですよね…



上着を椅子にかけると型崩れやシワの原因になってしまうし、タバコの臭いも若干気になる…


そんな細かいことを気にするんなら、スーツを着てパチスロを打たなければいいんだけど、一旦家に帰って着替えるのもめんどくさいしね…



スロットを打たない人でも、スーツを着ている人であれば、これについてはほとんどの人が頷いてくれると思うんだけど、スーツのパンツ(ズボン)のクリース(パンツの折り目・線)が、せわしなく動いているとすぐに消えてしまうのがめっちゃ気になりません???



僕はこれがめっちゃ気になるんですよ。



スーツを着る人であれば気にしている人も多いと思うんですが、パンツのクリースがないと見た目がすごくだらしなく見えちゃうんですよね。


スーツを長持ちさせるって意味もあるんですが、同じスーツを着るときは最低3日は間を空けていても、クリースはすぐ消えてしまう…


毎回アイロンをかけるのは面倒くさいですし、クリーニングは1シーズンに1回しか出さないほうがいい。(クリーニングに頻繁に出すと、生地が傷んですぐにヨレヨレになります。)
雨にあたろうもんなら一発アウトですし、パチスロ打ちながらウロウロしていると、すぐにだらんとした感じになってしまいます。



僕はこのへんが謎に神経質だったりするので、色々と対策を考えたり調べたりしていたのですが…



ちょっと気になるものを見つけました。



それがこれ!





スーパークリース加工






おろしたてのスーツ、折り目がビシっとしていて気持ちが良いものです。
でも、折り目はあっという間に消えてしまうもの・・・(泣)。
そこでおすすめしたいのが、この「スーパークリース」。
初めて耳にされる方も多いのではないでしょうか?

英国のスーパークリース社が販売しているこの「スーパークリース」。

折り目部分に特殊なシリコン樹脂を塗りこみ、固めることで、折り目をキープしてしまう画期的な加工方法なのです。
米国の有名紳士服チェーン店や、公共の制服にも多く採用されている、信頼と安心の加工なんですよ♪

「スーパークリース」は、
①立体的でくっきりとしたラインが継続。ハードワークでもOK!
②洗濯やドライクリーニングもOK。
③折り目のみに加工するため、スラックスの風合いもキープ!

加工費は1本税込1000円。ぜひ、1本だけでもお試しになりませんか?
“お手入れしている感”は間違いなく好印象!
ラクして折り目をキープしてしまいましょう☆

引用元:AOKIグループスタッフブログ



紹介されているインターネット上の情報を見るとなかなか良さそう。


ただ、インターネット上にレビューが一件もなかったり、情報もかなり少なかったりと安価ではないスーツに加工をするのはちょっと心配だったりする…



ということで、僕が人柱となって、このスーパークリース加工を試してきました。



スーパークリース加工ですが、洋服直し専門のネットショップなんかでは、パンツ1本あたり1200~2000円くらいでやってもらえるようです。


恐らく最安値、かつ一番安心できるのは、インターネットで調べる限り、紳士服のAOKIですかね…
スーパークリース加工の金額はスーツ1本あたり1000円。


おじさんが着るスーツのイメージが強いので、普段スーツを買うことはないんですが、スーパークリース加工をしてもらうためだけにAOKIに行ってきました。
家から歩いて3分の場所にあり!最高!!


加工が終わるまでの期間は約1週間。


早速試してみたんですが…






結論…






かなりいいです、これ。
もちろんステマでもなんでもないんですが、僕にとってはめちゃくちゃ有難いものでした。


実際に加工されている箇所はこんな感じになっています。
パンツの裏側の生地の折り目の部分が少しテカテカしているのが見えますかね???


IMG_0171

実際に履いてみてなんですが、一日履いても雨に打たれても本当にクリース(折り目)が消えません!!!
これはすばらしい!!!


1ヶ月に1回くらい軽くアイロンをあてると更にベターだと思います。


秋冬物の生地でもいけますし、オールシーズン用の生地でもいけます。
かなり良かったので、ローテーションで回しているスーツは全部加工しました。


秋冬物の生地

秋冬物の生地




オールシーズン用の生地

オールシーズン用の生地




ただ、薄い生地のスーツだと、少し折り目が強すぎると感じる人もいるかもしれませんね…


自宅では、こんな感じでパンツハンガーに吊るしておくと、シワもつかなくてオススメです。


IMG_0170

上着も厚手のハンガーを使うと、スーツを着た時にパリッとした感じになりますよ!



IMG_0172


IMG_0173


以上、スーパークリース加工についての紹介でした。


スーツを着て、パチスロを打つ機会がある人は参考にしてみてください!
※スーパークリース加工をお願いするときは、まだ着用していない状態か、クリーニングに出した直後ではないと受け付けてもらえませんので注意!

-----スポンサードリンク-----

あわせて読みたい記事はこちら

「プレミアム画像」「大勝ち・大負け報告」「感想」など
コメント欄にお気軽にご投稿ください!
▼▼▼ブログランキングに参加中!▼▼▼
にほんブログ村 スロットブログへ

“【サラリーマンスロッターに捧ぐ人柱企画】スーパークリース加工を試してみた!” への6件のフィードバック

  1. リディムボーイズ より:

    いろんな意味でNICEな記事です♪ 

    確かに気になりますよね♪

    打ちっぱなしの壁もオサレでLOVE\|*≧Д≦|>ダンシング♪

    • 宮田銀次 より:

      リディムボーイズさん

      自分的には良い内容かなと思ったんですが、
      アクセスが全くないので、ビビりましたw
      ブログって難しいですね…

  2. ひきよわ より:

    おいらもスーツ着てはいきませんね・・

    どっかで車の中で着替えますw

    1着しかないからなぁ・・w

    • 宮田銀次 より:

      ひきよわさん

      車の中で着替えることができれば楽ですねw
      そういえば前の会社で、私服で出社して
      会社でスーツに着替える謎の人がいましたw
      関係ないですけどw

  3. 今朝がやまだ より:

    突然ですが、今年から就活生となった者です。

    一つ質問ですが、大企業は収入やその他の手当てが充実していると思います。やはりどんなに仕事がんばっても、自分のいる会社が大企業でなければ必死に働いても報われる事はないのでしょうか?

    • 宮田銀次 より:

      今朝がやまださん

      はじめまして!

      大企業のほうが手当を含めた収入面が充実しているというのは間違いないです。

      ただ、大企業で働いていなければ、どんなに頑張って働いても報われないということは決してないので、ご安心ください。

      結局は、人それぞれの価値観と企業の価値観の方向性が合っているということが重要だと思います。

      僕は、2ちゃんねるのブラック企業偏差値トップレベルの企業で働いていました。
      過酷な労働環境の会社だったので、20人いた同期が3年以内で僕以外やめてしまうような会社でした。

      僕はプライベートはいらないからとにかく早く成長したいという思考だったので、
      過酷な労働環境の中でも、全然苦にならなかったです。
      名もないようなベンチャー企業でしたが、結果的に入社して報われたと思っています。

      つまりは、今朝がやまださんが将来どうなりたいか、どうありたいかが全てです。

      就活は持てる力の120%をぶつけたほうがいいです。
      頑張ってください。

コメントを残す

サブコンテンツ

パチスロ新台情報

■2016年10月17日の導入機種

■2016年10月24日の導入機種

■2016年11月7日の導入機種

■2016年11月14日の導入機種

■2016年11月21日の導入機種

■2016年12月19日の導入機種

■2017年1月10日の導入機種

パチンコ新台情報

■2016年10月17日の導入機種

■2016年10月24日の導入機種

■2016年11月7日の導入機種

■2016年11月14日の導入機種

■2016年11月21日の導入機種

■2016年12月19日の導入機種

■2016年12月の導入機種

逆アクセスランキング

アクセスランキング

このページの先頭へ