パチンコ屋にサクラは存在する!打ち子でスロットの設定6を打っていた友人の話

sakura-obi

パチンコ屋にサクラってどれくらいいると思いますか???

本来、サクラや打ち子という言葉には色々定義があるようなんですが、ここでそれは一旦置いておいて、下記の意味でサクラという言葉を使っています。

  1. 1.ホール側がお客さんに出玉をアピールするために、ホール側で雇った人間に高設定を打たせるケース。雇われた人間は、出玉をホール側にバックして、その中から日給もしくは出玉の○○%を給料をもらう場合が多い。
  2. 2.ホールの店長やマネージャークラスが個人でポケットマネーのために、内緒で人を雇って高設定を打たせるケース。雇われた人は雇い主のホール関係者や仲介人と調整してお金のやり取りをする場合が多い。
    ※本来は打ち子という呼び名のほうが正しいとは思うんですが、現在では打ち子というと、「軍団」と言われる方たちのことをイメージしてしまうので、敢えてサクラという言葉を使っています。

個人的な予想では、1のケースというのはかなり少なくて、サクラと呼ばれる方たちが存在する場合は、ほとんどが2のケースのような気がします。

ただ、僕の場合は約15年間パチンコ屋に出入りしていて、さらに大学生時代の2001~2006年は毎日のように入り浸っていたわけですが、この人は絶対サクラだなと感じたことは数える程度しかありません。

ホール選びには相当力を入れていたので、サクラなんて存在しないようなホールで打っていたからかもしれませんね。

某掲示板なんかで、「○○はサクラじゃね???」って言われるほど多くは存在しないと思いますがwww
それでも、実際のところは日本全国を見てみれば、少なからずサクラと呼ばれるような方たちは存在しているというのは間違いない事実だと思います。


僕のサクラ体験談w

以前、サクラに関連する記事を書いたこともあります。


1つ目の記事は、社会人時代にほぼ適当打ちで友人とパチスロを打っていた時の話。
当時は、3時間くらいかけて記事を書いていましたわ…
今読み返すと、馴れ馴れしい口調で笑えますwww

激闘サクラ乱舞 in 都内I区A店


2つ目は、かなりの良い条件でサクラの勧誘をされた結果、心が揺らぎ、豪快に騙された話w
今考えるとアホすぎますwww

ホールで騙されて、お金を奪われた話


こんな感じでサクラに関する話題はけっこうあります。

そして今回は、実は大学時代の友人が友人がガチでサクラ(打ち子)をやっていたので、その話を書いてみようかと思います。

これは今から約10年前の話…


一人暮らしの大学生にはお金がない

今から約10年前、僕は日本一お金持ちが集まると噂されている大学に通っていました。

噂通り、たしかにお金持ちは多かったです。
同じ世代には、日本を代表する家電メーカー○○○○の社長の息子や、大物司会者の息子など、本物のお金持ちも何人もいましたから…

ただ、もちろん裕福な家庭で育った人たちばかりではなく、それほど裕福な家庭で育ってこなかった人もいます。
さすがに僕のように、実家に金がないので、パチスロで学費を稼いでいるって人はこの大学にはいませんでしたけどねwww

周りにはギリギリの生活をしている人も多かったです。

それもそのはず、場所にもよりますが、東京~神奈川での一人暮らしはめっちゃ金がかかります。
大学があった周辺の1Kの平均家賃は7~8万円。
さらには1年間の学費は約100万円です。

学費は奨学金を借りることで、親御さんへの負担を減らすことができますが、東京~神奈川で大学生が一人暮らしをするとなると、ほぼ100%仕送りをもらわないことにはやっていけません。

周りで一人暮らしをしている友人は、毎月10~15万くらいは仕送りをもらっていましたね。

これが4年間続くとなると、親御さんとかはマジで大変です…
これで子供が勉強もしないで、毎日遊びまわっているとかだったら、本当にかわいそうでなりませんw

ちなみに、留年をすると、奨学金の支給は一発で止まるので要注意ですw


勉強をしない大学生

日本の大学生は、本当に勉強しないって言われていますが、あながちそれは間違いではありません。

僕の周りだけかもしれませんが、真面目に勉強している人なんて、数える程しかいませんでしたからw

それでも要領が良いと、試験もパスできますし、大企業にも就職できます。
僕の周りにはそんな人たちがたくさんいました。

僕も要領良くやろうとしましたが、あまりにも適当にやりすぎて大学卒業に6年間もかかる始末w
もし、過去に戻れるのであれば、大学生活をやり直したいと心から思います。
そして、当時の自分を思いっきりぶん殴りたいです。


学生にお金を貸す大学www

kanewokasu

真面目に勉強もせず、アルバイトもしない大学生はとにかく暇です。

やることと言えば、飲み会や麻雀、パチンコ・パチスロって感じになります。
今の学生は麻雀をやる人が少ないらしいですね…

中にはそれらで散財しまくって、消費者金融に駆け込むって人もいました。
当時は学生でも学生ローンなんかで簡単にお金を借りることができた時代です。

ただ、消費者金融からお金を借りるっていうのは、大学生からするとかなりハードルが高いです。
育ちの良いおぼっちゃま君だと特にそう感じると思います。


そんなお金に困ったときに駆け込むのが大学の学事センター


僕が通っていた大学には面白い(フザけた)制度があって、なんと!大学から無利子で月2万まで借りることができたんです。
※今この制度があるかは知りません…

返済期限は1ヶ月。
1ヶ月で返済したとしても、またその場で再度借りることができるので、永遠に大学側から2万円を借りることができるというフザけた制度ですwww


僕の知りうる限りでは、10人以上がこの制度を活用…


仕送りをもらった日に、パチスロで散財…
金がなくなって大学に2万円を借りに行くというループを毎月繰り返すアホもいましたwww


結論、何が言いたいのかと言うと、一人暮らしの大学生は金がないってことです。
※適当


お金がないと誘惑に負けてしまう

サクラをやっていたのは、前述したような散財を繰り返して、大学から金を借りるくらい生活に困っていた人たちが多かったです。

十分すぎるくらいの仕送りはもらっていたので、お金がないというよりも、アルバイトすらせず、散財しまくっていただけという感じでしょうか。

遊びたいのに、手持ちのお金がないと、危ない橋とは知りながらもオイシイ話には乗っかってしまうもんです。


チンピラ風の男からのスカウト

東急東横線某駅の某店(現在は閉店…最近まであったらしいですが)でパチスロを打っていた友人の一人が、チンピラ風の男に声をかけられて、サクラの勧誘をされたそうです。
話しかけられるまでの経緯は不明です。


「この店で設定6が打てるサクラをやらないか?」


実際にどんな風に声をかけられたかは知りませんが、下記のような条件で友人は打ち子をしていました。


・設定6を打てる
⇒ただし、機種は選べず、北斗の拳(出玉率125%)になることもあれば、巨人の星(出玉率115%、けっこう負けるw)になることもある

・負けた時は雇い主が全額負担、報酬はプラス分の2割


当時はパチスロで月100万円の収支も狙える時代だったので、勝っている人からしたら、全くオイシイ条件ではありませんが、万年金欠の大学生にしたら、喉から手が出るほどオイシイ条件なんでしょう。

ただこれにもハードルがあり、ホールがけっこうな人気店で並び順の入場だったので、指定台をゲットするには朝の5時くらいから並ばなければいけなかったらしいです。



初めは半信半疑だったらしいですが、チンピラ風の男に指定された台を朝5時から並んで打ってみると、本当に設定6!
数回の実戦で10万円程度の報酬をゲットしたとのことでした。


徐々にチンピラ風の男との距離も近くなり、色々話を聞いてみると、男はホールの○○(副店長以上の役職の人)と昔からの知り合いで設定6投入台の情報を横流ししてもらっているとのこと。
詳しい配分は知りませんが、打ち子を雇って得た収益は、チンピラ風の男と設定6投入台を横流ししているホールの○○で山分けしていたそうです。

ホール自体が設定6を多数投入する店だったので、サクラと疑われる可能性も低いという話でした。


さらに儲けることが出来ると踏んだのか、チンピラ風の男は友人にあと数人の打ち子を連れてこれないかと打診してきたそうです。


大学生は基本暇で、当時大流行のパチスロを打っているだけでお金がもらえるなんて話があったら、飛びつく人も多いはず。
簡単に5人くらいの打ち子が集まったということでした。


この辺から少しづづ風向きが変わり始めます。


グループ崩壊へ

houkai

当時、打ち子をしていた友人たちは「北斗の拳」や「巨人の星」を打つことが多かったらしいです。

4号機北斗の拳の出玉率は約125%でしたが、ATの連チャンが弱いと、猛敗することもあります。
僕自身も設定6確定台で10万くらい負けたことが2回くらいありますかねw

さらには、初代巨人の星の設定6は出玉率が約115%くらいでしたが、引きがちょっとでも悪いと負けることも多いです。

4号機の中でもアラジンAや猛獣王なんかの爆裂AT機や大花火など大量獲得機の設定6は別格でしたが、4.5号機の設定6は出玉率も抑えられていて、終日打ち切っても負けることも多かったです。
まあ、今の機種と比べれば全然勝ちやすいですがw


ある日、5人で指定された設定6の台を終日打ち切って、TOTALで20万円くらい負けてしまった日があったらしいです。


元々の約束であれば、負け分を負担するのは雇い主であるチンピラ風の男ですが、20万円も負けたことに男は大激怒!

5人に負け額の半分を負担しろと言ってきたそうです…


こういうのは、よくありそうな話なんですが、確実に揉めてしまいますよね…


結局、圧力に負けて、負け分を半分負担したらしいんですが、一回こういう問題が発生すると、その後の展開は大概うまくいきません。


さらには並び時間は朝の5時から。
打ち子が5人もいるとなれば、絶対に時間に遅れる人が現れます。


5人中3人が寝坊してきた日があって、指定台5台中2台しか取れない…
さらには2台でTOTAL10万くらい負けてしまったという日があったらしいです。


その日はなんと!チンピラ風の男が大激怒して、負け分の全額負担を要求されたそうです…


まあ、どっちもどっちです…
お互いに問題があります…


お金が絡む以上、信頼関係が強くなければ、こういった雇い主と雇われ側との関係もうまくいかないということです。


あまり深くは書けませんが、このグループは、お金のトラブルだったり、打ち子が約束の時間に来ないだので、揉めに揉めていました。


結局、友人も打ち子をやめて、男との関係性も切ろうとしたところ、何度も電話がきたり、脅されたりしていたようです。
男の素性はわかりませんでしたが、一体何者だったんでしょうね…


それでもグループはサクラ・打ち子だとはバレていなかった模様

朝から5時から並んだ5人組が週2回のイベント日には、必ず設定6に座る…

こんな状況でもサクラと疑われたり、もちろん某掲示板に書き込まれたりすることもなかったりしたというから驚きです。

友人グループが打っていたホールは、当時優良店と評判で、かなりの集客力を誇っていた、かつ専業者も多く出入りしていたということです。

そんな状況のホールで、サクラ・打ち子と疑われることすらなかったというのは、当時の僕にとっては信じられない話でした…

このような例を考えると、自分自身が気付いていないところで、サクラや打ち子と言われるような存在とすれ違っていたことも多かったんですかねー…


久々に会った大学時代の友人とこんな話題で盛り上がったので、今回記事にしてみました。

-----スポンサードリンク-----

あわせて読みたい記事はこちら

「プレミアム画像」「大勝ち・大負け報告」「感想」など
コメント欄にお気軽にご投稿ください!
▼▼▼ブログランキングに参加中!▼▼▼
にほんブログ村 スロットブログへ

“パチンコ屋にサクラは存在する!打ち子でスロットの設定6を打っていた友人の話” への2件のフィードバック

  1. たれめると より:

    最近こそ「サクラ」は耳にしなくなりましたが、4号機当初は多かったですよね!
    私が通っていたホールのサクラは打ち切らないことが多かったので、そいつの後は激アツでしたよ(^_^;)

    • 宮田銀次 より:

      たれめるとさん

      >>私が通っていたホールのサクラは打ち切らないことが多かったので、そいつの後は激アツでしたよ(^_^;)

      そういう考え方してる人も多いですよね(笑)

      僕の友人もサクラが台に着席する前に
      何とかその台に座れないものかと試行錯誤していました(笑)

      さすがにいい大人なんで、そこまではできませんでしたが…

コメントを残す

サブコンテンツ

パチスロ新台情報

■2016年10月17日の導入機種

■2016年10月24日の導入機種

■2016年11月7日の導入機種

■2016年11月14日の導入機種

■2016年11月21日の導入機種

■2016年12月19日の導入機種

■2017年1月10日の導入機種

パチンコ新台情報

■2016年10月17日の導入機種

■2016年10月24日の導入機種

■2016年11月7日の導入機種

■2016年11月14日の導入機種

■2016年11月21日の導入機種

■2016年12月19日の導入機種

■2016年12月の導入機種

逆アクセスランキング

アクセスランキング

このページの先頭へ