初めてのノリ打ちは実の母親とwww【宮田銀次のスロット歴史①】

※この話はフィクションです。


僕がスロットデビューしてから現在に至るまでの歴史について、何回かに分けて書いていこうと思う。


両親ともにパチンコが大好きだったこともあり、一緒に連れられて小さい頃からパチンコ屋に出入りしていたが、初めて自分ひとりでパチンコ屋に踏み入れたのは高校一年生のときだった。

今から15年くらい前のこと・・・


きっかけはよくある話で、高校の先輩に一緒に行こうと誘われてっていう流れ。


打ったのは、サミー工業の「ウルトラセブン」
今でこそ、スロットメーカーの雄と言えばサミーだけど、当時サミー工業(現サミー)はまだまだマイナーメーカーという位置づけだったと思う。


seven

僕が行ったホールに設置されていたのは2機種。
4号機世代であれば誰もが知っているユニバーサルの「クランキーコンテスト」とサミー工業の「ウルトラセブン」


クランキーコンテストは初心者には難しすぎるということで、先輩と一緒にウルトラセブンを打つことになった。
先輩に教えられたのは「エレキング」(あともう一つの絵柄は忘れた)が揃えば、ボーナス成立しているからとりあえずそれだけ覚えておいてということ。


初めてウルトラセブンを打ったときにはビギナーズラックでたしか5000円くらい勝ったんだけど、それがきっかけでちょいちょいパチンコ屋に通うことになったんだよね。


ホールに通うようになったものの高校生で金を全然持っていなかったから大変だった・・・


軍資金は3000円か5000円だったから、1回転の重みが半端なかったんだよね。
今考えたら笑えるけど、毎回噛みしめるように、エレキング揃いを待ちながらストップボタンを押していたw
1時間で100ゲームくらいしか回さなかったからwww
エレキングが揃ったときの嬉しさは何とも言えなかったよね。


それから、サンダーVやバーサスなんかも打つようになり、勝ったり負けたりをしながらホールに出入りしているときに、大事件が起こったのだ。





まあ、大事件というほどのものでもないんだけど、偶然ホールで実の母親と遭遇してしまったんだよね(* ̄□ ̄*;


「人様に迷惑をかけなければOK」というざっくりとした教育方針の家庭だったけど、さすがにその時はやばいと思った。


母親も一瞬びっくりしたような顔をしたが、




いきなり大爆笑www




「蛙の子は蛙だな!」と言って、どっかに行ってしまった……




当時は、スロットで稼げるなんて思ってなかったし、田舎だったこともあり、周りにスロットで稼いでいる人もいなかった。
だから、やっぱり打てば打つほど負けが積み重なっていったよね。



そんなときに、例の母親からある提案を受けるwww



「モーニング台を一緒に打ちに行こう!」という提案だ(^^)!


モーニング台を打つということは、開店9時前にはホールに行かなければならない。
母親にとって、僕が高校生であることは全くお構いなしである。


学校の成績はそこそこ良かったので、母親も問題なしと判断したのであろう。


母親から連れて行かれたホールのルールはこんな感じ。
・モーニング台は1日あたり5~6台
・開店30分前の8:30に1000円をメダルに交換し、くじ引きの抽選を行う。
・くじに何も書いてなかったらハズレ、機種名と台番号が書いてあったら当たりでモーニング台がゲットできる。


このホールの素晴らしいところは、その抽選倍率である。
2年間近くこの状況が続いたが、抽選に集まるのは多くて10名ちょっとだった。


さらにモーニング台のうち、一台がボーナス終了後にクレ落ちする。
クレ落ちした台は設定4以上が確定し、閉店後設定確認まですることができる。


末尾7の日がイベントdayだったが、その日はクレ落ち台が設定6の日も多かった。


抽選で外れた日はそのまま学校へ。
一限に間に合う。

どちらか一方が当たりを引いた日は、母親がモーニング台を消化。

どちらも当たりを引いた日は、僕は2限から学校へ行く。

クレ落ち台を掴んだ日には、16時くらいまで母親が回して、その後僕が閉店まで打ち切った。




どうだこの連携!!




とんでもない親子である。




店員さんも僕が高校生であることは知っていたが、母親同伴なので、特段何か言われることはなかった。
高校生とわかった瞬間に退店させられる現在とは時代が違ったね。


そんなこんなをしているうちに、目押しやリプレイ外しがどんどん上達していった。
もちろん、高校生の小遣い稼ぎには十分すぎるほどの金額も勝っていた。



しかし、順風満帆かと思われていた高校三年時のある日、とんでもない事件が起こるのである。


(つづく)

-----スポンサードリンク-----

あわせて読みたい記事はこちら

「プレミアム画像」「大勝ち・大負け報告」「感想」など
コメント欄にお気軽にご投稿ください!
▼▼▼ブログランキングに参加中!▼▼▼
にほんブログ村 スロットブログへ

“初めてのノリ打ちは実の母親とwww【宮田銀次のスロット歴史①】” への4件のフィードバック

  1. とむげ より:

    やはり時代が違いますねーw

    母を打ち子・・・かと思ったら真逆じゃないですか!勝ち組主婦とはかなりのやり手ですなー。

    続きかなり気になります。

    • 宮田銀次 より:

      記事からだと読み取れませんが、実は母親は超絶負け組みです。
      モーニングで勝っても、母親だけはそのあとコインを飲ませて終了って感じでしたw
      今現在のメインの立ち回りは、ジャグラーのハマり台狙いらしいですwww

  2. Taka より:

    人違いだったら申し訳ありません。
    または不都合でしたらこのコメントも削除して下さい。

    宮田さんは10年ほど前もブログをやられていなかったですか?
    そのブログは専業の方のブログで、ブログの名前は忘れてしまったのですが、一番印象に残っているのが、某AKB系列店で財布から1枚ほどコインを出してしまった所、カメラか何かで監視されてて事務所に連行されて暴言、恐喝まがいの事を受けた話です。

    僕もその当時専業をしてまして、同じ土地に住んでいたのでよくそのブログを見てました。
    そしてその管理人の方の名前も宮田さんでした。

    こちらのブログの宮田さんも経歴や環境が僕と同じような感じで親近感を持っております。

    ここ最近色々なスロットブログを見るようになってここに行き着き、まさかと思ってコメントさせて頂きました。

    無関係でしたら失礼しました。

    • 宮田銀次 より:

      Takaさん、はじめまして!
      コメありがとうございます!

      残念ながら同一人物ではありません。
      ブログを書くのも今回が初めてです。

      ブログを見てもらっているということで、とても嬉しいです!
      今後とも宜しくお願いします!

コメントを残す

サブコンテンツ

パチスロ新台情報

■2016年10月17日の導入機種

■2016年10月24日の導入機種

■2016年11月7日の導入機種

■2016年11月14日の導入機種

■2016年11月21日の導入機種

■2016年12月19日の導入機種

■2017年1月10日の導入機種

パチンコ新台情報

■2016年10月17日の導入機種

■2016年10月24日の導入機種

■2016年11月7日の導入機種

■2016年11月14日の導入機種

■2016年11月21日の導入機種

■2016年12月19日の導入機種

■2016年12月の導入機種

逆アクセスランキング

アクセスランキング

このページの先頭へ