心に残る思い出の雀荘-元住吉-雀荘「友」

すいません、雑記の更新タイミングが適当になっていますね…
お問い合わせでメール頂いたりと、申し訳なく思っています。
今後は、週1では必ず書きますので、週1回の適当なタイミングで記事アップって感じでお願いします…



9月に北斗シリーズ新台の北斗の拳強敵が登場ですね!


4号機の北斗をがっちり打ち込んだ僕からすれば、北斗シリーズの新台登場には胸が躍ります。


強敵は「とも」と読むらしいwww



「とも」ですか…



・・・




・・・・・・





・・・・・・・・・・・・








スポンサードリンク




突然ですがwww


僕が大好きで毎日のように通っていた雀荘「友」の思い出を綴りたいと思います。



僕は大学生時代に神奈川県川崎市の元住吉というところに住んでいました。

現在は隣駅の武蔵小杉の開発が進み、地価がものすごく高騰しているようですね。


以前、このブログでも書きましたが、元住吉の今は亡き「ニュージャパン」というホールで日々の大半を過ごしていました。

記事はこちら

めちゃくちゃ稼げたホールの話(第1話)ー並びなし、ライバル不在で毎月100万以上コンスタントに勝てたホール(前篇)

めちゃくちゃ稼げたホールの話(第2話)ー並びなし、ライバル不在で毎月100万以上コンスタントに勝てたホール(中編)

めちゃくちゃ稼げたホールの話(第3話)ー並びなし、ライバル不在で毎月100万以上コンスタントに勝てたホール(後編)

ホールで騙されて、お金を奪われた話



「ニュージャパン」と系列店の武蔵小杉「スタジオ33」というホールをローテーションしながらなるべく目立たないように打っていました。


1年365日のうち、360日はホールに顔を出すほどのキチガイでしたが、毎日のようにキチガイのレベルを数段超えるようなウンコ中のウンコな生活を送っていましたねw



9時にホールに入場

23時近くまで打ち切り、下見

朝の5時くらいまで麻雀

2~3時間寝る

9時にホールに入場



毎日この繰り返しですwww


今思えば、クソすぎる生活を送ってきたなと泣きたくなりますが、当時を振り返ると楽しい思い出しかありません。




ホールが閉店後に麻雀を打つお店は決まっていて、それが冒頭でもお話した麻雀「友」です。



「友」はニュージャパンの目の前にある雀荘で、マスター(今は65歳くらいですかね…)とママの夫婦が経営しています。


マスターは早稲田大学を卒業後に、麻雀が好きで好きでたまらなかったために、雀荘を経営するようになったということです。


かなり長い期間、元住吉でお店をやっています。


マスターはかなり変わり者で、自称「麻雀が日本一強い」そうですwww


たしかに負けている姿はあまり見たことがないような気がしますね。


マスターの麻雀への拘りが半端ないためにw
ハウスルール的なものがけっこうありますwww


気になる人は、直接お店に行ってみてください。


少し説明が難しいですが、最後にツモる牌は、必ず2段あるうちの下側の牌でなければならないそうです。
※だからハイテイ(海底)という。

なので、1回カンがあった場合の局は、8枚残しになります。
2回カンがあった場合も8枚残しです。

一般的に広まっているフリー麻雀のルールだと、1回カンがあった場合の局は7枚残し、2回カンがあった場合は8枚残しなので、「友」のルールは独特ですよね。

7枚残しの場合、最後のツモ牌が下(底)の牌ではないので、海底にはならないというのがマスターの持論です。

現在一般的に広まっているルールは邪道だそうですwww



さらに、「友」の麻雀卓には点棒がありませんwww

ボタンを押して、点数のやり取りをする日本にも数台しかない「友」特注の麻雀卓を使っています。


「友」のマスターの拘りは半端ないんですwww



僕が初めて「友」に顔を出した時のレートは「1-10-30」でしたが、「1-10-20」に変わって、風の噂で聞くと、今は点5に変わってしまったようです。

これにもマスターの独自の考えがあって、お店のレートはその時その時に最もお店で負けている常連さんの財布に合わせたレートにしているという話を聞いたことがあります。

「友」の常連さんには麻雀が強い人が多いので、負ける人はとことん負けます。
負け続けている人の生活が苦しくなりすぎないように、常連さんが苦しそうな時はレートを変更します。

僕が通っていた約3年間の間に、2回くらいレートの変更はありました。




そんな僕もトコトン負けていました。

半分眠りながら打っていたのでw
常に集中力が散漫な状態でしたね…


ただそのときは、パチスロで相当勝っていたので、負け続けても何も感じることはありませんでした。


その姿を見て、友のマスターやママは、僕がKO大学に通っていることもあり、「どこかの大金持ちの御子息」だと本気で思っていたらしいですw



「僕は寂れた漁村出身の貧乏育ちです!」と正直に話した時には、「信じられない」と目をまん丸にしていましたwww



今の若い人や大学生は麻雀を打たない人が多くなっています。

当時…残念ですが、「友」はお客さんがたくさん来てくれるようなお店ではありませんでした。

なかなかお客さんが来ないために、卓がたたないことがあります。
※お客さんが2人以上こないと卓がたたない(メンバーは2人)



そんな時はどうするかというと、マスターかママが目の前の「ニュージャパン」にお客さんを探しにいきます。


僕もパチスロを打っている時に「今から来れない?」とよく声を掛けられました。


普段は閉店してから行くと返事をしていたのですが、どうしてもお客さんが集まらずに卓がたたない場合はかなり強引ですw


強引に誘われた時には、しょうがないので、AT中とかでない限りは機械割120%の台を打っていようがやめて「友」に向かうことにしていましたwww


僕はそんな優良客だったので、「準メンバーw(お店の準スタッフ)」みたいな感じで言われていて、それに何となく居心地の良さを感じていたっていうのも、「友」に通い続けていた理由の一つです。



社会人になってから、もう10年近く「友」には顔を出していません。

僕の友人が少し前に顔を出した時にはまだまだマスターもママも健在で、頑張っているということでした。





北斗の拳強敵(とも)から「友」を思い出すとはwww



今度休みの日にでも顔を出しに行ってみようかと思います。


お近くの方は是非!


その際はこのブログを見せてみてください。


マスターもママもきっと僕のことを覚えているはずですwww


当時から麻雀の腕は何も変わっていません。
相変わらず僕は弱いままで、今では引退するのにも一苦労していますwww

-----スポンサードリンク-----

あわせて読みたい記事はこちら

「プレミアム画像」「大勝ち・大負け報告」「感想」など
コメント欄にお気軽にご投稿ください!
▼▼▼ブログランキングに参加中!▼▼▼
にほんブログ村 スロットブログへ

“心に残る思い出の雀荘-元住吉-雀荘「友」” への16件のフィードバック

  1. たれめると より:

    かなりコアな雀荘ですね。私も趣味程度でしたが、大学時代は仲間と徹マンに明け暮れました。懐かしい思い出です。
    私は4人家族だったのですが、父母兄と私で年越し麻雀が毎年恒例のイベントでしたよ!そのおかげで、小学2年生ぐらいには麻雀を教えこまれました(^_^;)
    北斗シリーズ楽しみですね(^^)なんだかんだハズしてない機種ですから、Sammyも勝負機種ですね!
    4号機の北斗は7連続単発の思い出がありますねー(^_^;)

    • 宮田銀次 より:

      たれめるとさん

      今の大学生は麻雀とかほとんどやらないらしいですよ(笑)

      これも時代ですね!

      北斗シリーズはほんと頑張って欲しいです。
      強敵はPV見る限りはかなり面白そうな匂いがプンプンします。

  2. たむ より:

    いやだからw
    行くと打つだろ!
    このツッコミ待ちね銀さん^^
    まーた火が着いちゃうんだから。
    麻雀は麻薬ですよ!中毒性高い。致死量も微量で事足るあぶない。行くなら早く顔出しなよ。今度祝言モード突入したんです当時はお世話になりましたがんばってねマスターって手土産のひとつでも持ってって銀さんの笑顔見せれば喜ぶからさ。そして人生打ち治めの麻雀を堪能してそれをけじめとしてきっぱりやめる。これしかないよ!適当だけど。

    • 宮田銀次 より:

      たむさん

      なかなか人間てのは変わらないですなー(笑)

      自分を律する心

      これが今の僕には圧倒的に足りなさすぎる(笑)

      友での麻雀が生涯最後の麻雀になったらなんか格好いいですな(笑)
      けじめをつけてきっぱり辞めるみたいなw

  3. HAL より:

    あらっっ!?
    前回の麻雀やめます宣言はどこへwww

    顔出すだけのつもりがきっと卓を囲むことに…( ´△`)

    • 宮田銀次 より:

      HALさん

      いやw

      ほんと僕はダメ人間なんですよ泣

      もっとハングリー精神があった頃は、
      やめると決めたらスパッとやめることができたはずなんですけどねw

      今はぬるま湯生活ですw

  4. えいじぃ より:

    そりゃー雀荘行ったら打っちゃうよねぇwwなかなか引退への道程は険しそうですね(  ̄▽ ̄)
    でも点⑤なら奥さんからキャッシュカード借りる必要は無いかもww
    しかし機械割り120%を捨ててまで雀荘に向かうとは(゜ロ゜)!?

    • 宮田銀次 より:

      えいじぃさん

      なかなか険しい道ですw

      友達に話したら、鼻で笑われましたけどねwww

      点5だったら金銭的損失はかなり少ないんですけどね…
      少しヒリヒリする感じがしないと、緊張感がなくて楽しくなくなってえしまうんです…

      昔は楽に高設定台を打てましたからね。
      今思えばもったいないことをいっぱいやっていますw

  5. 平山 より:

    アットホームな感じの麻雀ですね^ ^

    海底の話は初めて聞きましたけど、深いなと思いましたw

    顔を出してもほどほどにしないとですね^ ^

    ではパチ屋に出勤してきます!

    • 宮田銀次 より:

      平山さん

      海底の話はここでしか聞いたことないですけどねw

      ちなみに裏ドラがチップになるってのも邪道らしいですwww

  6. 桜文鳥 より:

    良い話ですね
    私も東の都外れ
    チャ○○○○、コ○○○、ミ○○を拠点に
    夜は東なる雀荘でシコタマ負けてました
    後悔はしてませんが
    社会人となり早15年
    常識の無さで苦労する日々
    クズ学生三流大の末路は悲惨な物です
    ヤッパKOだと違うのかな?
    羨ましいと思いながら
    明日も社畜か…
    悪い、愚痴になってしまった
    更新楽しみにしてます

    • 宮田銀次 より:

      桜文鳥さん

      パチスロや麻雀ばっかりやってる生活を送った後に
      社会に出た時には、自分もビビりましたよw

      毎日のように怒られていて、ときには鉄拳制裁を喰らうこともありましたwww

      KO卒でも得をするのは就職活動のときくらいですよ。
      入社したらやっぱり実力や調整力が問われますね。

      会社勤めは会社勤めなりの幸せもあると思いますよ。

      僕は起業して、胃がキリキリする想いをしています…
      ミスしたり結果が出なかったら、本当に身を削ることになりますからね・・

      超大金持ちの子供に生まれたかったななんて、
      冗談ですけど、たまに思いますw

  7. トロ より:

    麻雀はちょっとだけできますw

    まあ弱いんで賭け麻雀なんてしたら負けますねw

    • 宮田銀次 より:

      トロさん

      麻雀はやんないほうがいいですよwwww

      まさしく麻薬です。
      とんでもない金額負けてますが、
      なかなかやめることができませんw

      まあでもかなり楽しいですけどねー。

      僕らくらいの世代だと、スロットと麻雀はセットのような感じで
      やる人めっちゃ多かったんですけどねー。

      今の20代は麻雀人口かなり少ないみたいっすね。

      ブログもいつも見てますよー。

  8. 匿名 より:

    はじめまして。残念ながら友は閉店してしまいました。私が通っていたころ、慶應経済を卒業しながら、就職せずスロットなどで何年も生活しているものがおりました。今となっては昭和の話。レートも2の2、6のちょっとした鉄火場でした。

  9. おっさん より:

    はじめまして。残念ながら友は閉店してしまいました。私が通っていたころ、慶應経済を卒業しながら、就職せずスロットなどで何年も生活しているものがおりました。今となっては昭和の話。レートも2の2、6のちょっとした鉄火場でした。

コメントを残す

サブコンテンツ

パチスロ新台情報

■2016年10月17日の導入機種

■2016年10月24日の導入機種

■2016年11月7日の導入機種

■2016年11月14日の導入機種

■2016年11月21日の導入機種

■2016年12月19日の導入機種

■2017年1月10日の導入機種

パチンコ新台情報

■2016年10月17日の導入機種

■2016年10月24日の導入機種

■2016年11月7日の導入機種

■2016年11月14日の導入機種

■2016年11月21日の導入機種

■2016年12月19日の導入機種

■2016年12月の導入機種

逆アクセスランキング

アクセスランキング

このページの先頭へ