続報!覚醒したぼったくりチェーン店の旗艦店が良い意味ですごい!

earth

以前、当ブログで約半年前にグランドオープンした某ぼったくりチェーン店の旗艦店が、良い意味で僕の固定概念を壊したという話を書いたと思う。


その時の記事がこれ。


究極のぼったくりホールの代名詞の様子が何やらおかしいwww


しばらくホールの状況を観察し、ざっと傾向が見えてきたので、先日の休日に特定日が重なったタイミングで、連れと一緒に朝一から突撃してきました。


ちなみにホールの入場抽選を受けるのはかなり久しぶり…
前に抽選を受けたのは、ビーマックスの新台入れ替えの日だったかなー。


抽選時間少し前にホールに到着すると、物凄い人だかり…
つい半年前までは、新台入れ替え当日に新台が夕方には半分空台になっているような寂れたホールだったのに、よくぞここまで盛り返したと思う。


このホールはパチスロ専門店なのだが、グランドオープンしたのは、AT規制の話が世の中に出回った直後ということもあり、関係者の中では不安視する声のほうが大多数だったであろう。


当時、僕のP業界のクライアント(近いエリア内にある)の幹部レベルのほとんどが、口を揃えて「絶対にうまくいかない」と言っていた。


しかし、その予想は見事に覆されることとなった。


数か月ホールの様子を見てきた限りは、区・市範囲まで広げたレベルで言っても間違いなくトップの集客力と稼働があると思う。


近隣店の様子も数ヶ月見てきたが、お客さんをごっそり持っていかれているというのが目に見えてわかるホールが多いくらいだ。


打ち手に広がる超ぼったくりチェーン(ここまでは思っていないかもしれないけれど)という固定観念をぶっ壊し、断トツの地域一番店に成長させた店長の手腕は素直に素晴らしいと思う。


大多数のホールと比べた場合、「ここが良い」と挙げることができるポイントは多いのだが、敢えて2つ挙げるとすれば、「客を冷めさせない空間・雰囲気づくり」と「客への期待の持たせ方」が圧倒的にうまい。


具体的に書いてしまうと、ホール名がわかってしまうので、曖昧な表現でしか書けないのだが、このホールはPOP関連を含めた店内装飾のレベルが圧倒的に高い。


新台入れ替え告知の店内装飾でいえば、新台入れ替え1週間前から毎日お知らせの広告が入れ替わることもある。


具体的に書けないのが悔しいが、絶対にパチスロが大好きな人が広告のレイアウトや構成を考えているのがわかる。


パチスロ大好きの僕は、このホールの広告の前で立ち止まってしまうことも多い。


たかが広告と思うかもしれないが、打ち手を熱狂させるホールの雰囲気作りという点で、大きな差別化の要素になっているのは間違いないと思う。


さらに、このホールが定期的に行っている旧台の新台入れ替えがすごい!
旧台の新台入れ替えとは思えないくらい、めちゃくちゃ設定が入っている。


これも具体的に書けないのが悔しいが、旧台は「今週の名機」は「~」のような紹介で1~2週間ごとに4台程度で再導入される。


昔話題になった機種なんかだと、16台規模で再導入されることもある。


何よりすごいのは、この旧台の新台入れ替え時の設定はかなり期待できるという信頼が打ち手に浸透し、例えばラグランジェ4台導入の日なんかでも、平日に150人以上が抽選に集まるということだ。(この地域で平日に150人集まるとかはあり得ない…)


抽選で4番以内を引けなくても、半分のお客さんはホールに入場して、ほかの機種を打つらしいので、旧台の入れ替えはホールにとってもかなりの集客効果があるだろう。


客がたくさん集まるから、投入する設定もサービスできるという良い循環になっているように思う。
ちなみに専業の顔見知りが入れ替え当日に某機種(4台導入)を打った際は、間違いなく設定6だったらしい。
約3年前にリリースされた機種なのに、入れ替えで設定6を使うホールはそこまで多くないと思う。


地域一番店になる理由が何となくわかるホールなのだが、僕がもし専業だったら確実に足を運ぶことはないだろう。
ライバルの多さやその他もろもろを考慮すると、確実に高設定には辿り着くのは難しいという印象…


ただし、普通にパチスロが大好きでワクワクしながら勝負をしたいって人には最高のホールで、特定日なんかはAタイプを中心に高設定を打てる大チャンスだと思う。


ちなみに僕が抽選に参加した特定日は、抽選結果が約400人中325番。
台を選ぶような余裕はなく、某華系機種に着席し、1時間弱で離脱w


その後は、身動きが全く取れずに撤退。


カチカチ君使用率が半端ないホールは久しぶりに見たw


さらにホールの熱気がすごい。
客の期待が手に取るようにわかった。



右肩下がりのパチンコ業界。
客足が遠のく原因は環境や規制のせいだけではないと思う。


ホール側が頭を捻って知恵を絞れば、中小・零細企業であろうと、まだまだ最前線で戦っていけるホールも多いはずだ。
パチンコ・パチスロというコンテンツには、それだけの魅力があると僕は思っている。

-----スポンサードリンク-----

あわせて読みたい記事はこちら

「プレミアム画像」「大勝ち・大負け報告」「感想」など
コメント欄にお気軽にご投稿ください!
▼▼▼ブログランキングに参加中!▼▼▼
にほんブログ村 スロットブログへ

“続報!覚醒したぼったくりチェーン店の旗艦店が良い意味ですごい!” への7件のフィードバック

  1. たれめると より:

    一度行ってみたいホールですねー!ホールの活気がある無しで、打ち手の期待感はかなり変化しますよね!
    客が多いホールに人が集まるのは、客の期待感を持つようにホールが演出出来ているからでしょう!
    今ではそういったホールも少なくなりましたよね。本当に残念です。
    そういったホールが1店舗2店舗と増えていって競争が生まれ、活気付いて欲しいものです。
    いつも思いますが、パチスロの醍醐味は高設定を打つことだと信じています。

    • 宮田銀次 より:

      たれめるとさん

      たれめるとさんの意見には本当に共感できますねー。
      僕もブログでは天井狙いを推してますが、
      やはりパチスロの楽しさと言えば、
      狙いをつけて高設定台を見つけるまでの過程なんだなと
      しみじみ思います。
      ホールが活気があると、低設定だとわかっていても
      熱気におされてズルズル打ってしまうパターンが
      多いので、そこは注意しないとと思いますけどねw

  2. 小次郎 より:

    もしかして旗艦店では?宇宙戦艦ヤマトは好きですけど(笑)

    • 宮田銀次 より:

      小次郎さん

      恥ずかしすぎる…

      教えてくれて本当にありがとうございます!

      勘違いして覚えていましたw

      いやー、大恥かいていましたね…

      早速修正しました。

      今後ともよろしくお願いします!

  3. ひきよわ より:

    いいですねやる気のあるホール

    地元はほぼありません・・

    宣伝がうまいと集客が言いのよくわかりますw

    マイホールも宣伝がいい日はほぼスロットは稼働率100%

    よくよく考えると設定狙い失敗したら立ち回れないので

    はまり狙いのおいらにとっては勝てない店なのにw

    • 宮田銀次 より:

      ひきよわさん

      活気があるホールは、稼働が更なる稼働を生むって感じで
      低設定ってわかっているような台でも
      終日フル稼働ってことも多いですよね。

      そういえば、凱旋は災難でしたね。

      凱旋は荒れ具合が半端なくて僕も嫌になりつつあります…

      万枚出した後から超絶逆噴射くらってますよw

      今月だけでも
      天井到達4回連続で単発で100K近くやられています。


      それはそうと…最近忙しそうですねー

      仕事頑張ってください!

  4. 桜文鳥 より:

    池袋の楽園かな?
    混んでるし好きじゃないな~

コメントを残す

サブコンテンツ

パチスロ新台情報

■2016年10月17日の導入機種

■2016年10月24日の導入機種

■2016年11月7日の導入機種

■2016年11月14日の導入機種

■2016年11月21日の導入機種

■2016年12月19日の導入機種

■2017年1月10日の導入機種

パチンコ新台情報

■2016年10月17日の導入機種

■2016年10月24日の導入機種

■2016年11月7日の導入機種

■2016年11月14日の導入機種

■2016年11月21日の導入機種

■2016年12月19日の導入機種

■2016年12月の導入機種

逆アクセスランキング

アクセスランキング

このページの先頭へ